ホーム > 書籍詳細:アポリネール詩集

アポリネール詩集

アポリネール/著 、堀口大學/訳

506円(税込)

発売日:1954/10/05

書誌情報

読み仮名 アポリネールシシュウ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-217701-3
C-CODE 0198
整理番号 ア-2-1
ジャンル 詩歌
定価 506円

天才は文字で絵も描く。目にも愉快な「カリグラム」も収めた傑作詩集。

「ミラボー橋の下をセーヌ河が流れ……」。今も歌われるシャンソンの名曲「ミラボー橋」の作者アポリネールは、20世紀初頭のパリで、前衛芸術の旗手として、詩、小説、演劇に縦横の活躍をみせ、近代詩から現代詩への方向を決定づけた才人だった。抒情と実験精神をあわせもった彼の詩を、代表的詩集である『動物詩集』『アルコール』『カリグラム』『出鱈目集』などから精選して収録。

著者プロフィール

アポリネール

Apollinaire,Guillaume

(1880-1918)亡命ポーランド貴族の娘を母に、私生児としてローマに生れる。パリに出て、ピカソなど前衛的芸術家と交友を深め、前衛雑誌「イソップの饗宴」を創刊する。小説『異端教祖株式会社』(1910)、詩集『アルコール』(1913)、美術論集『立体派の画家たち』(1913)で時代の寵児となる。第一次大戦では砲兵隊に志願、頭部に負傷。再び文学活動を始め、前衛演劇や詩作に活躍した。「シュールレアリスム」は彼の造語である。

堀口大學

ホリグチ・ダイガク

(1892-1981)東京・本郷生れ。詩人、仏文学者。慶応義塾大学を中退し、10数年間外国で暮す。『月光とピエロ』に始まる創作詩作や、訳詩集『月下の一群』等の名翻訳により、昭和の詩壇、文壇に多大な影響を与えた。1979年文化勲章受章。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

アポリネール
登録
堀口大學
登録
詩歌
登録

書籍の分類