ホーム > 書籍詳細:フランケンシュタイン

フランケンシュタイン

メアリー・シェリー/著 、芹澤恵/訳

825円(税込)

発売日:2015/01/01

書誌情報

読み仮名 フランケンシュタイン
シリーズ名 Star Classics 名作新訳コレクション
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-218651-0
C-CODE 0197
整理番号 シ-42-1
ジャンル 文芸作品、SF・ホラー・ファンタジー、評論・文学研究
定価 825円
電子書籍 価格 781円
電子書籍 配信開始日 2015/06/26

醜さゆえの孤独と憎しみ――。科学者によって創られた“怪物”の苦悩。伝説の名著。

若き科学者ヴィクター・フランケンシュタインは、生命の起源に迫る研究に打ち込んでいた。ある時、ついに彼は生命の創造という神をも恐れぬ行いに手を染める。だが、創り上げた“怪物”はあまりに恐ろしい容貌をしていた。故郷へ逃亡した彼は、醜さゆえの孤独にあえぎ、彼を憎んだ“怪物”に追い詰められることになろうとは知る由もなかった――。天才女性作家が遺した伝説の名著。

  • 映画化
    メアリーの総て(2018年12月公開)

著者プロフィール

(1797-1851)イギリスの小説家。無神論者でアナキズムの先駆者であるウィリアム・ゴドウィンを父に、女性解放を唱えフェミニズムの創始者と呼ばれるメアリー・ウルストンクラフトを母に、ロンドンで生れる。1816年、詩人のパーシー・ビッシュ・シェリーと結婚。1816年から書き始めていた『フランケンシュタイン』を1818年匿名で刊行。本作品によって、SFの創始者と呼ばれることもある。ほかの作品に『最後の人間』などがある。

芹澤恵

セリザワ・メグミ

成蹊大学文学部卒業。英米文学翻訳家。訳書に、『密林の夢』(パチェット)、『愛しのクレメンタイン』(クラヴァン)、『フロスト気質(かたぎ)』(ウィングフィールド)、『裁きの街』(ピータースン)、『クラッシャーズ 墜落事故調査班』(ヘインズ)、『1ドルの価値/賢者の贈り物 他21編』(O・ヘンリー)などがある。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

メアリー・シェリー
登録
芹澤恵
登録
文芸作品
登録
SF・ホラー・ファンタジー
登録
評論・文学研究
登録

書籍の分類