ホーム > 書籍詳細:一人の男が飛行機から飛び降りる

一人の男が飛行機から飛び降りる

バリー・ユアグロー/著 、柴田元幸/訳

825円(税込)

発売日:1999/09/01

書誌情報

読み仮名 ヒトリノオトコガヒコウキカラトビオリル
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-220911-0
C-CODE 0197
整理番号 ユ-2-1
ジャンル 文芸作品、評論・文学研究
定価 825円

立ち読み歓迎!? この本の中には、あなたが昨夜見た夢が、どこかに書かれています。──リアルで、たのしい悪夢的超短編、満載。

一人の男が飛行機から飛び降りる。涙を流しながら、靴箱いっぱいのラ ブレターを空中に投げ捨て……/魚を先祖にもつ女の逸話/世界で最後 の煙草を持った男が、ブロンド女からマッチを手に入れようと苦労した 物語/サルタンのハーレムを警備していた私が、テントの中を覗き込ん で見たものとは……などなど、あなたが昨夜見たかもしれない、リアル でたのしい悪夢、149本の超短編。

著者プロフィール

南アフリカ生まれ、10歳のときアメリカへ移住した。『一人の男が飛行機から飛び降りる』『たちの悪い話』『ケータイ・ストーリーズ』(いずれも柴田元幸訳、新潮社刊)など、詩的で白日夢のごとき超短篇で知られる。2021年9月現在はニューヨーク市クイーンズ区ジャクソン・ハイツ在住。当地での苛烈なコロナ禍の体験が、前作『ボッティチェリ 疫病の時代の寓話』(2020年、柴田訳でignition gallery刊)および『東京ゴースト・シティ』に活かされている。

Barry Yourgrau (外部リンク)

柴田元幸

シバタ・モトユキ

東京生まれ。米文学者・東京大学名誉教授・翻訳家。『生半可な學者』で講談社エッセイ賞、『アメリカン・ナルシス』でサントリー学芸賞、『メイスン&ディクスン』(トマス・ピンチョン著)で日本翻訳文化賞、翻訳の業績により早稲田大学坪内逍遙大賞を受賞。アメリカ現代文学を精力的に翻訳するほか著書多数、また文芸誌「MONKEY」の責任編集も務める。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

バリー・ユアグロー
登録
柴田元幸
登録
文芸作品
登録
評論・文学研究
登録

書籍の分類