ホーム > 書籍詳細:生きる―東日本大震災から一年―

生きる―東日本大震災から一年―

伊集院静/解説 、公益社団法人日本写真家協会/編

3,080円(税込)

発売日:2012/02/29

書誌情報

読み仮名 イキルヒガシニホンダイシンサイカライチネン
発行形態 書籍
判型 B5判
頁数 191ページ
ISBN 978-4-10-300552-0
C-CODE 0072
ジャンル 文学賞受賞作家、社会学
定価 3,080円

日本の写真家たちは、いったいどんな歴史を残そうとするのか?

足元まで迫る津波の恐怖の瞬間を、現地の人々の協力を得て収集した第一部「被災」。昭和30年代から被災直前までの、豊かで美しい東北の姿を伝える第二部「ふるさと」。そして逞しく立ち上がる人々の姿を追う第三部「生きる」――日本写真家協会が総力を挙げて編集した、永久保存版写真集。

目次
生きる 伊集院 静
第一部 被災
第二部 ふるさと
第三部 生きる
語り継ぐべき記録 田沼武能
写真家にできること 管 洋志

著者プロフィール

伊集院静

イジュウイン・シズカ

1950(昭和25)年山口県防府市生まれ。作家。立教大学文学部卒。『乳房』で吉川英治文学新人賞、『受け月』で直木賞、『機関車先生』で柴田錬三郎賞、『ごろごろ』で吉川英治文学賞、『ノボさん』で司馬遼太郎賞をそれぞれ受賞。『大人の流儀』シリーズなどエッセイも数多い。

作家・伊集院静の公式サイト (外部リンク)

公益社団法人日本写真家協会

コウエキシャダンホウジンニホンシャシンカキョウカイ

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

伊集院静
登録
公益社団法人日本写真家協会
登録
文学賞受賞作家
登録
社会学
登録

書籍の分類