ホーム > 書籍詳細:建築家 安藤忠雄

建築家 安藤忠雄

安藤忠雄/著

2,090円(税込)

発売日:2008/10/24

書誌情報

読み仮名 ケンチクカアンドウタダオ
発行形態 書籍
判型 四六判変型
頁数 383ページ
ISBN 978-4-10-309051-9
C-CODE 0095
ジャンル ノンフィクション、画家・写真家・建築家
定価 2,090円

建築で闘い続ける男――。初の自伝、完成!

17歳でプロボクサーデビュー。だが早々とその才能に見切りをつけ、独学で建築の道を志した。しかし仕事は何もない。依頼がなくても、他人の土地で勝手に構想を練り、設計図を描く日々……。数え切れぬほどの挫折と、わずかな成功の積み重ね、それが私の人生だ。社会の不条理に、建築で挑み続けてきた男のビジュアル自伝!

目次
序章 ゲリラの活動拠点
第1章 建築家を志すまで
第2章 旅/独学で学ぶ
第3章 建築の原点、住まい
第4章 都市に挑む建築
第5章 なぜコンクリートか
第6章 断崖の建築、限界への挑戦
第7章 継続の力、建築を育てる
第8章 大阪に育てられた建築家
第9章 グローバリズムの時代に
第10章 子供のための建築
第11章 環境の世紀に向かって
第12章 日本人のスピリット
終章 光と影

著者プロフィール

安藤忠雄

アンドウ・タダオ

建築家。1941年大阪生まれ。世界各国を旅した後、独学で建築を学び、1969年に安藤忠雄建築研究所を設立。イェール大、コロンビア大、ハーバード大の客員教授を務め、1997年東京大学教授、2003年から名誉教授に。作品に〈住吉の長屋〉〈セビリア万博日本政府館〉〈光の教会〉〈大阪府立近つ飛鳥博物館〉〈淡路夢舞台〉〈兵庫県立美術館〉〈フォートワース現代美術館〉など多数。1979年に〈住吉の長屋〉で日本建築学会賞、2002年に米国建築家協会(AIA)金メダルほか受賞歴多数。2010年文化勲章受章。著書に『建築を語る』『連戦連敗』(いずれも東京大学出版会)『建築家 安藤忠雄』『ル・コルビュジエの勇気ある住宅』(いずれも新潮社)など。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

安藤忠雄
登録
画家・写真家・建築家
登録

書籍の分類