ホーム > 書籍詳細:「生活工芸」の時代

「生活工芸」の時代

三谷龍二/編 、新潮社/編

2,970円(税込)

発売日:2014/09/12

書誌情報

読み仮名 セイカツコウゲイノジダイ
発行形態 書籍
判型 A5判変型
頁数 174ページ
ISBN 978-4-10-336531-0
C-CODE 0072
定価 2,970円

「器によって暮しがどうこうなるなんて、そんなきれいごとは口にしたくないんです」

〈2000年代半ば、気がつくと書店の生活系の本のコーナーは「白い本」ばかりになっていた〉。この十数年は「生活工芸」の時代だった。「暮し系」とも呼ばれ、ライフスタイル全般に及んだカルチャーを主役たちが率直にふりかえる。安藤雅信、大嶌文彦、小林和人、坂田和實、山口信博、鞍田崇ほか。「瀬戸内生活工芸祭2014」オフィシャルブック。

目次
この本には一三人の  編集部
1
すぐそばにある、特別な場所  三谷龍二
はじめに
リネンのシーツ
朝食とケメックス
あたりまえのかたち
竹のハエたたき

藁人形 風車 ネズミ捕り
酒器盆
呉服屋の値札
鍋掴み
白いカフェオレボウル
ティシュケース
四角いバット
家ごはんと包丁
薪ストーブの着火剤容器
竹の買い物籠
生活を知らない
赤絵の飯碗
ピクニックテーブルとベンチ
道売りと小屋
2
「ライフスタイル」がブームである  井出幸亮
3
私の仮設ですが、近代日本の工芸は  広瀬一郎
このところ耳にする機会が  小林和人
4
昨年はパリで二度  安藤雅信
うちであつかっている作家たちによくいうのは  大嶌文彦
5
ひとつ、エラソーな文章でも書きたいものだと  坂田和實
「生活工芸」にかぎらず、このごろの作家さんは  木村宗慎
6
美術大学受験には、石膏デッサンは  山口信博
僕が生まれ育った三重県伊賀市丸柱は  山本忠臣
7
近代以前から継承されてきた 橋本麻里
人間の歴史は、モノの歴史でもある  石倉敏明
「生活工芸の時代」という言葉は  鞍田崇
生活と工芸のクロニクル 鞍田崇
生活工芸という言葉は  三谷龍二

著者プロフィール

三谷龍二

ミタニ・リュウジ

木工デザイナー。1952年福井県福井市生れ。1981年、長野県松本市に工房ペルソナスタジオを開設。職人たちとの共同作業により、ふだんづかいの木の器を作る。全国で個展多数開催。立体、平面作品も手がける。また、「クラフトフェアまつもと」発足当初から運営に携わっている。著書に『木の匙』(新潮社)、『工芸三都物語 遠くの町と手としごと』(アノニマ・スタジオ)など。

三谷龍二 木の器 (外部リンク)

新潮社

シンチョウシャ

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

三谷龍二
登録
新潮社
登録

書籍の分類