ホーム > 書籍詳細:神の子どもたちはみな踊る

神の子どもたちはみな踊る

村上春樹/著

1,430円(税込)

発売日:2000/02/24

  • 書籍

しんと静まりかえった心の中のいちばん深い場所で、たしかに、それは起こった。あの地震の日に……。

一九九五年二月、地震のあとで、まったく関係のない六人の身の上にどんなことが起こったか? 生きること、死ぬこと、そして眠ること――小さな焚き火の炎のように、深い闇の中に光を放つ六篇の小説。村上春樹の言葉が、いま新しい生命となる。連載『地震のあとで』に書下ろし一篇を加えた著者初の連作小説!

  • テレビ化
    特集ドラマ「地震のあとで」(2025年春放映予定)
  • 映画化
    アニメ映画「めくらやなぎと眠る女」(2024年7月公開予定)
  • 舞台化
    神の子どもたちはみな踊る(2019年7月公演)
  • 映画化
    神の子どもたちはみな踊る(2010年10月公開)

書誌情報

読み仮名 カミノコドモタチハミナオドル
発行形態 書籍
判型 四六判
頁数 208ページ
ISBN 978-4-10-353411-2
C-CODE 0093
ジャンル 文芸作品
定価 1,430円

著者プロフィール

村上春樹

ムラカミ・ハルキ

1949年京都生れ。『風の歌を聴け』でデビュー。『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ねじまき鳥クロニクル』『アフターダーク』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』『街とその不確かな壁』などの長編小説、『神の子どもたちはみな踊る』『東京奇譚集』などの短編小説集がある。『レイモンド・カーヴァー全集』、J.D.サリンジャー『キャッチャー・イン・ザ・ライ』『フラニーとズーイ』、トルーマン・カポーティ『ティファニーで朝食を』、ジェフ・ダイヤー『バット・ビューティフル』など訳書多数。

村上春樹 Haruki Murakami 新潮社公式サイト

判型違い(文庫)

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

村上春樹
登録
文芸作品
登録

書籍の分類