ホーム > 書籍詳細:雨天炎天〈新装版〉

雨天炎天〈新装版〉

村上春樹/著

1,760円(税込)

発売日:2008/02/29

書誌情報

読み仮名 ウテンエンテン
発行形態 書籍
判型 四六判
頁数 282ページ
ISBN 978-4-10-353419-8
C-CODE 0095
ジャンル エッセー・随筆
定価 1,760円

1988年、村上春樹の、苛酷な旅。

カビの生えたパンも、険しい山道もなんのその。ギリシャ正教の聖地アトスをひたすら歩くギリシャ篇。謎の「泳ぐ猫」を求めて若葉マークの運転で廻ったトルコ篇。ともに未発表カットを多数加えた148枚の写真(撮影・松村映三)で、ふたつの旅の全行程を再編集した新装版!

目次
ギリシャ編
アトス――神様のリアル・ワールド
さよならリアル・ワールド
アトスとはどのような世界であるのか
ダフニからカリエへ
カリエからスタヴロニキタ
イヴィロン修道院
フィロセウ修道院
カラカル修道院
ラヴラ修道院
プロドロムのスキテまで
カフソカリヴィア
アギア・アンナ――さらばアトス
トルコ編
チャイと兵隊と羊――21日間トルコ一周
兵隊
パンとチャイ
トルコ
黒海
ホパ
ヴァン猫
ハッカリに向かう
ハッカリ
マルボロ
国道24号線の悪夢
国道24号線に沿って

書評

「まるっきり別の世界」への旅

小崎哲哉

 1988年の5月だったと思う。村上春樹さんから「アトスに行ってみたい」という電話があった。翌年に『03 TOKYO Calling』という雑誌の創刊を予定していて、紀行ルポを書いてほしいというお願いをしていた。その返事だった。
 アトスはギリシャ北部にある正教会の聖地で「こちらがわの世界とはまったく違った原則によって機能している」「まるっきり別の世界」(本書)である。村上さんの希望は、まずこの地を訪れ、その後、2、3週間をかけてトルコを回りたいというものだった。全旅程をご一緒したかったが、副編集長として創刊準備に当たらねばならず、ギリシャにのみ同行した。撮影は、村上さんが長年懇意にしている松村映三さんにお願いした。
 取材の旅はこの年の8月に、当時村上さんが滞在していたローマから始まった。徒歩で回るアトスを除く移動の手段は、三菱自動車に貸してもらった四輪駆動のパジェロ。ギリシャまではともかく、悪路の多いトルコでは重宝すると考えてのことだ。三菱の代理店は当時ローマにはなく、車は指定した日時にミラノから持ってくると言う。イタリアに長く暮らし、当地の事情に詳しい村上さんは懐疑的だった。
「小崎君、日程はゆったり組んだほうがいいよ。予定通りに物事が運ぶなんてことは、イタリアではあり得ない」
 けれども車は遅滞なく到着した。北イタリアのビジネスマンは几帳面で、約束は守るのだ。そして我々は後に痛感することになる。「予定通りに物事が運ぶ」ことがないのは、イタリアではなくギリシャ、いやアトスであると。
 詳細は本書をお読みいただくとして、間違いなく異常にハードな旅だった。そのダメージを(肉体的に)最も被ったのは、本書に出てくる「都会育ちのO君」である。アトスの山中で33回目の誕生日を迎えるこの編集者は、旅をともにした3人の中で最年少でありながら最も脆弱だった。何しろ他のふたりは、フルマラソンを走り、いまではトライアスロンにさえ出場する小説家と、空手の有段者で、もとローラーゲームの選手である写真家である。アトスに着く以前、小説家と写真家はほぼ毎日長距離のジョギングをしたが、若年編集者は早々に音を上げて、ほんの数キロでギブアップするのが常だったことを告白しておく。
 アトスで印象的だったことのひとつは、村上さんがときおり絵を描いていたことだ。本書にも写真が収録されているが、修道院の内部や、猫などをスケッチしていた。「スケッチのいいところはね」と村上さんは言った。「写真と違って記憶によく残ることと、周囲の人が話しかけてくることだね」
 建物といえばおよそ修道院と隠者の小屋しかなく、暮らす人といえばおよそ修行僧と宗教関係者しかいない(そして女性がひとりもいない)隔絶した土地に「周囲の人」はほとんどいなかった。だが、スケッチによるものかどうか定かでないとはいえ、作家の脳裏と肉体に記憶は確実に刻まれた。
 村上さんがなぜアトスを選んだのか、実のところは僕にはわからない。本書には「本でアトスのことを読んで以来、どうしてもこの地を一度訪れてみたかった。そこにどんな人がいて、どんな生活をしているのか、この目で実際に見てみたかったのだ」と書かれている。でもその奥に、どのような思いが潜められていたのかは推測する以外にない。この旅の前や後に書かれたさまざまな小説に出てくる「井戸」のようなものとして、アトスは捉えられていたのかもしれない。
「まるっきり別の世界」を体験して、村上春樹の小説は変わったのだろうか? それも僕にはわからないが、例えば『海辺のカフカ』で強い雨が、さらにはイワシとアジが降ってくる描写を読むと、アトスで我々をぐしょぐしょにした強烈な雨を想い出す。あれは本当に激しい雨だった。水ではなく魚であったとしても不思議ではないような雨だった。
 ところでラヴラ修道院のくだりで、O君が西瓜を食堂からくすねてきたという記述がある。この優れたルポルタージュの中で、これだけが事実でなく話を面白くするためのフィクションである。若きO君の名誉のために記しておきたい。

(おざき・てつや 『ART iT』『REALTOKYO』『先見日記』編集長)
波 2008年3月号より

著者プロフィール

村上春樹

ムラカミ・ハルキ

1949(昭和24)年、京都市生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。1979年『風の歌を聴け』(群像新人文学賞)でデビュー。主な長編小説に、『羊をめぐる冒険』(野間文芸新人賞)、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(谷崎潤一郎賞)、『ノルウェイの森』、『国境の南、太陽の西』、『ねじまき鳥クロニクル』(読売文学賞)、『海辺のカフカ』、『アフターダーク』、『1Q84』(毎日出版文化賞)、『騎士団長殺し』がある。『神の子どもたちはみな踊る』、『東京奇譚集』などの短編小説集、エッセイ集、紀行文、翻訳書など著書多数。海外での文学賞受賞も多く、2006(平成18)年フランツ・カフカ賞、フランク・オコナー国際短編賞、2009年エルサレム賞、2011年カタルーニャ国際賞、2016年ハンス・クリスチャン・アンデルセン文学賞を受賞。

村上春樹 Haruki Murakami 新潮社公式サイト

判型違い(文庫)

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

村上春樹
登録
エッセー・随筆
登録

書籍の分類