ホーム > 書籍詳細:東京都同情塔

東京都同情塔

九段理江/著

1,870円(税込)

発売日:2024/01/17

  • 書籍
  • 電子書籍あり

日本人の欺瞞をユーモラスに描いた現代版「バベルの塔」。

ザハの国立競技場が完成し、寛容論が浸透したもう一つの日本で、新しい刑務所「シンパシータワートーキョー」が建てられることに。犯罪者に寛容になれない建築家・牧名は、仕事と信条の乖離に苦悩しながら、パワフルに未来を追求する。ゆるふわな言葉と実のない正義の関係を豊かなフロウで暴く、生成AI時代の預言の書。

  • 受賞
    第170回 芥川龍之介賞

書誌情報

読み仮名 トウキョウトドウジョウトウ
装幀 安藤瑠美「TOKYO NUDE」/カバー写真、新潮社装幀室/装幀
雑誌から生まれた本 新潮から生まれた本
発行形態 書籍、電子書籍
判型 四六判
頁数 144ページ
ISBN 978-4-10-355511-7
C-CODE 0093
ジャンル 文芸作品
定価 1,870円
電子書籍 価格 1,870円
電子書籍 配信開始日 2024/01/17

イベント/書店情報

著者プロフィール

九段理江

クダン・リエ

1990年、埼玉生れ。2021年、「悪い音楽」で第126回文學界新人賞を受賞しデビュー。同年発表の「Schoolgirl」が第166回芥川龍之介賞、第35回三島由紀夫賞候補に。2023年3月、同作で第73回芸術選奨新人賞を受賞。11月、「しをかくうま」で第45回野間文芸新人賞を受賞。12月、「東京都同情塔」が第170回芥川龍之介賞候補になった。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

九段理江
登録
文芸作品
登録

書籍の分類