ホーム > 書籍詳細:涙にも国籍はあるのでしょうか―津波で亡くなった外国人をたどって―

涙にも国籍はあるのでしょうか―津波で亡くなった外国人をたどって―

三浦英之/著

1,925円(税込)

発売日:2024/02/21

  • 書籍
  • 電子書籍あり

日常のはかなさと、それでも生きる人間の強さに触れるノンフィクション。

震災から12年、東北を取材し続けてきたルポライターが初めて知った事実。それは「東日本大震災での外国人の犠牲者数を誰も把握していない」ということ。彼らは東北の地でどのように生きたのか。現地を訪ね歩き、出会ったのは「あの人の面影が、今も自分を生かしてくれている」という実感を胸に凛と生きる人々だった。

目次
序章 ある随行員の手記
第一章 涙にも国籍はあるのでしょうか
第二章 職人たちが中国人青年に伝えていること
第三章 彼女はいつも自転車に乗っていた
第四章 イスラムの国から来た青年
第五章 美しいひと
第六章 三人目の祖母、三つ目の国
第七章 それでも神父は教会に戻った
第八章 家族の夢が叶った日
第九章 本棚のピエタ

書誌情報

読み仮名 ナミダニモコクセキハアルノデショウカツナミデナクナッタガイコクジンヲタドッテ
装幀 木戸孝子/カバー写真、新潮社装幀室/装幀
発行形態 書籍、電子書籍
判型 四六判変型
頁数 192ページ
ISBN 978-4-10-355561-2
C-CODE 0095
ジャンル 評論・文学研究、ノンフィクション
定価 1,925円
電子書籍 価格 1,925円
電子書籍 配信開始日 2024/02/21

著者プロフィール

三浦英之

ミウラ・ヒデユキ

1974年、神奈川県生まれ。朝日新聞記者、ルポライター。『五色の虹 満州建国大学卒業生たちの戦後』で第13回開高健ノンフィクション賞、『日報隠蔽 南スーダンで自衛隊は何を見たのか』(布施祐仁氏との共著)で第18回石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞、『牙 アフリカゾウの「密猟組織」を追って』で第25回小学館ノンフィクション大賞、『南三陸日記』で第25回平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞、『帰れない村 福島県浪江町「DASH村」の10年』で2021 LINEジャーナリズム賞、『太陽の子 日本がアフリカに置き去りにした秘密』で第22回新潮ドキュメント賞と第10回山本美香記念国際ジャーナリスト賞を受賞。その他、第8回城山三郎賞候補作に『白い土地 ルポ福島「帰還困難区域」とその周辺』、第53回大宅壮一ノンフィクション賞候補作に『災害特派員』がある。2024年2月現在、岩手県盛岡市在住。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

三浦英之
登録
評論・文学研究
登録

書籍の分類