ホーム > 書籍詳細:日本人は思想したか

日本人は思想したか

吉本隆明/著 、梅原猛/著 、中沢新一/著

2,200円(税込)

発売日:1995/06/29

書誌情報

読み仮名 ニホンジンハシソウシタカ
発行形態 書籍
判型
ISBN 978-4-10-377903-2
C-CODE 0010
ジャンル 哲学・思想、社会学
定価 2,200円

和歌や物語、仏教から近代の思索まで、西欧とは違った形で展開した日本思想の意義と未来へ向けての可能性を、現在を代表する知性が徹底総括。知的興奮に満ちた一冊。

著者プロフィール

吉本隆明

ヨシモト・タカアキ

1924(大正13)年、東京・月島生れ。2003(平成15)年、『夏目漱石を読む』で小林秀雄賞受賞。文学、社会、政治からテレビ、料理、ネコの世話まであらゆる事象を扱う「思想界の巨人」。主な著書に『吉本隆明全詩集』『共同幻想論』『ハイ・イメージ論』『なぜ、猫とつきあうのか』『日本人は思想したか』『親鸞』『超「戦争論」』『超恋愛論』『日本語のゆくえ』など。

梅原猛

ウメハラ・タケシ

(1925-2019)1925年宮城県生まれ、哲学者。国際日本文化研究センター顧問。京都大学文学部哲学科卒業。立命館大学教授、京都市立芸術大学学長、国際日本文化研究センター所長などを歴任。縄文時代から近代までを視野におさめ、文学・歴史・宗教等を包括して日本文化の深層を解明する幾多の論考は〈梅原日本学〉と呼ばれる。著書に『隠された十字架一法隆寺論』、『葬られた王朝一古代出雲の謎を解く』、『親鸞「四つの謎」を解く』(以上すべて新潮社)など多数。

中沢新一

ナカザワ・シンイチ

1950(昭和25)年山梨県生まれ。人類学者。著書に『チベットのモーツァルト』『森のバロック』『フィロソフィア・ヤポニカ』『カイエ・ソバージュ』シリーズ(全五巻)『精霊の王』『僕の叔父さん 網野善彦』『アースダイバー』『芸術人類学』『ミクロコスモスI~II』など多数。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

吉本隆明
登録
梅原猛
登録
中沢新一
登録
哲学・思想
登録
社会学
登録

書籍の分類