ホーム > 書籍詳細:ホッキョクグマ

ホッキョクグマ

岩合光昭/著

2,420円(税込)

発売日:2003/09/25

書誌情報

読み仮名 ホッキョクグマ
雑誌から生まれた本 考える人から生まれた本
発行形態 書籍
判型 A4判変型
頁数 76ページ
ISBN 978-4-10-414804-2
C-CODE 0072
ジャンル サイエンス・テクノロジー、写真集・写真家、画家・写真家・建築家
定価 2,420円

きれいで、かわいくて、でもとっても怖い! 極北の大地に暮らす海の熊。

地上最大の肉食獣であるホッキョクグマは、とにかく大きい。オスの体長は三メートル、体重は七〇〇キロにもなるという。そして、陽光を受けて輝く姿は、溜め息がでるほど美しい。春先に巣穴から現れる子グマは純白、まさに雪の妖精だ。カナダ・ハドソン湾西岸で、一年余りをかけて撮影された、極北の王者の知られざる野生!

著者プロフィール

岩合光昭

イワゴウ・ミツアキ

1950(昭和25)年、東京生れ。19歳のときに訪れたガラパゴス諸島の自然の驚異に圧倒され、動物写真家としての道を歩み始める。以来、地球上のあらゆる地域をフィールドに撮影を続けている。作品は、『海からの手紙』(木村伊兵衛写真賞受賞)、『ニッポンの犬』『スノーモンキー』『ニッポンの猫』『ホッキョクグマ』『海ちゃん』『パンダ』『ネコを撮る』『そっとネコぼけ』『ネコに金星』『しばいぬ』『イタリアの猫』『岩合光昭の世界ネコ歩き』『ふるさとのねこ』など多数。

Digital Iwago (外部リンク)

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

岩合光昭
登録
写真集・写真家
登録
画家・写真家・建築家
登録

書籍の分類