ホーム > 書籍詳細:憑神

憑神

浅田次郎/著

1,650円(税込)

発売日:2005/09/22

書誌情報

読み仮名 ツキガミ
発行形態 書籍
判型 四六判
頁数 286ページ
ISBN 978-4-10-439402-9
C-CODE 0093
ジャンル 文芸作品、歴史・時代小説、文学賞受賞作家
定価 1,650円

厄介な神様にとり憑かれた貧乏旗本・彦四郎。窮地に追い込まれた男の選んだ、真実の生きる道とは。

限りある命が虚しいのではない。限りある命ゆえに輝かしいのだ――時は幕末動乱の時代、貧乏旗本の次男の身ながら、その才を見込まれて大身の入婿となった彦四郎。だが、跡継ぎを授かったとたん離縁され、実家に出戻るはめに。ふとした気まぐれから、荒れ果てた祠を拝んだ彦四郎の前に現れたのは、神は神でも人に仇なす神だった……。

  • 舞台化
    憑神(2007年9月公演)
  • 映画化
    憑神(2007年6月公開)

著者プロフィール

浅田次郎

アサダ・ジロウ

1951年東京生れ。1995年『地下鉄(メトロ)に乗って』で第16回吉川英治文学新人賞を受賞。以降、『鉄道員(ぽっぽや)』で1997年に第117回直木賞、2000年『壬生義士伝』で第13回柴田錬三郎賞、2006年『お腹(はら)召しませ』で第1回中央公論文芸賞・第10回司馬遼太郎賞、2008年『中原の虹』で第42回吉川英治文学賞、2010年『終わらざる夏』で第64回毎日出版文化賞、2016年『帰郷』で第43回大佛次郎賞を受賞するなど数々の文学賞に輝く。また旺盛な執筆活動とその功績により、2015年に紫綬褒章を受章、2019年に第67回菊池寛賞を受賞している。他の著書に『プリズンホテル』『天切り松 闇がたり』『蒼穹の昴』のシリーズや『憑神』『赤猫異聞』『一路』『神坐す山の物語』『ブラック オア ホワイト』『わが心のジェニファー』『おもかげ』『長く高い壁 The Great Wall』『大名倒産』『流人道中記』など多数。2011年から6年にわたり、第16代日本ペンクラブ会長も務めている。

判型違い(文庫)

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

浅田次郎
登録
文芸作品
登録
歴史・時代小説
登録
文学賞受賞作家
登録

書籍の分類