ホーム > 書籍詳細:バット・ビューティフル

バット・ビューティフル

ジェフ・ダイヤー/著 、村上春樹/訳

2,090円(税込)

発売日:2011/09/30

書誌情報

読み仮名 バットビューティフル
発行形態 書籍
判型 四六判変型
頁数 284ページ
ISBN 978-4-10-506311-5
C-CODE 0097
ジャンル 文芸作品、ノンフィクション、音楽
定価 2,090円

その共和国にはとてもシンプルな名前がついている。ジャズ――。

酒、ドラッグ、そして自らの音楽に蝕まれていくミュージシャンたち。悲しみと孤独に満たされた彼らの人生には、それでも美しいジャズの音色があった――。モンク、エリントン、ミンガスら、伝説のジャズ・プレイヤーのショート・ストーリーを村上春樹が完全翻訳。巨人たちの音楽が鳴り響く、サマセット・モーム賞受賞作。

目次
序文
写真のためのノート
レスター・ヤング
楽器が宙に浮かびたいと望むのなら

セロニアス・モンク
もしモンクが橋を造っていたら

バド・パウエル
ここはまるで降霊会のようだよ、バド

ベン・ウェブスター
彼は楽器ケースを携えるように、淋しさを身の回りに携えていた

チャールズ・ミンガス
彼のベースは、背中に押しつけられた銃剣のように、人を前に駆り立てた

チェト・ベイカー
その二十年はただ単に、彼の死の長い一瞬だったのかもしれない

アート・ペパー
おれ以外のいったい誰が、このようにブルーズを吹けるだろう?
あとがき――伝統、影響、そして革新
出典
訳者あとがき
ディスコグラフィー

著者プロフィール

1958年、英国南西部のチェルトナム生まれ。オックスフォード大学で英文学を学び、1980年代前半からジャーナリストとして活動を始める。1987年、ブッカー賞作家ジョン・バージャーを考察した『Ways of Telling: Work of John Berger』を刊行、以後作家・批評家として先鋭的な小説やノンフィクションを数多く発表する。1997年、D・H・ローレンスを描いた『Out of Sheer Rage: In the Shadow of D.H.Lawrence』が全米批評家協会賞小説部門の最終候補作に、また2006年にはE・M・フォースター賞を受賞。『バット・ビューティフル』(1991)は1992年度のサマセット・モーム賞を受賞した、著者初の邦訳作品となる。

村上春樹

ムラカミ・ハルキ

1949(昭和24)年、京都市生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。1979年『風の歌を聴け』(群像新人文学賞)でデビュー。主な長編小説に、『羊をめぐる冒険』(野間文芸新人賞)、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(谷崎潤一郎賞)、『ノルウェイの森』、『国境の南、太陽の西』、『ねじまき鳥クロニクル』(読売文学賞)、『海辺のカフカ』、『アフターダーク』、『1Q84』(毎日出版文化賞)、『騎士団長殺し』がある。『神の子どもたちはみな踊る』、『東京奇譚集』などの短編小説集、エッセイ集、紀行文、翻訳書など著書多数。海外での文学賞受賞も多く、2006(平成18)年フランツ・カフカ賞、フランク・オコナー国際短編賞、2009年エルサレム賞、2011年カタルーニャ国際賞、2016年ハンス・クリスチャン・アンデルセン文学賞を受賞。

村上春樹 Haruki Murakami 新潮社公式サイト

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

ジェフ・ダイヤー
登録
村上春樹
登録
文芸作品
登録
音楽
登録

書籍の分類