ホーム > 書籍詳細:ジャズ・アネクドーツ

ジャズ・アネクドーツ

ビル・クロウ/著 、村上春樹/訳

2,860円(税込)

発売日:2000/07/25

書誌情報

読み仮名 ジャズアネクドーツ
発行形態 書籍
判型 四六判変型
頁数 378ページ
ISBN 978-4-10-531902-1
C-CODE 0073
ジャンル 音楽、音楽
定価 2,860円

ゆったりレコードを聴きながら読みたい、黄金期の著名ジャズメンたちの傑作逸話集。

「どうやったらジャズ・ミュージシャンが百万ドルを手にすることができるだろう?」「二百万を元手に始めればいい」――サッチモからマイルズまで、モダン・ジャズ界の語り部が著名ジャズメンたちの抱腹絶倒・荒唐無稽・言語道断・喜怒哀楽のエピソードを集大成。これはジャズ・ミュージシャンという“部族”の黄金期の伝承だ!

著者プロフィール

ビル・クロウ

Crow,Bill

1927年アメリカ西海岸生れ。ジャズ・ベーシスト。1950年代からニューヨークに移り、スタン・ゲッツやジェリー・マリガンのレギュラー・ベーシストとして活躍した。ジャズ評論も手がける。

村上春樹

ムラカミ・ハルキ

1949(昭和24)年、京都市生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。1979年『風の歌を聴け』(群像新人文学賞)でデビュー。主な長編小説に、『羊をめぐる冒険』(野間文芸新人賞)、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(谷崎潤一郎賞)、『ノルウェイの森』、『国境の南、太陽の西』、『ねじまき鳥クロニクル』(読売文学賞)、『海辺のカフカ』、『アフターダーク』、『1Q84』(毎日出版文化賞)、『騎士団長殺し』がある。『神の子どもたちはみな踊る』、『東京奇譚集』などの短編小説集、エッセイ集、紀行文、翻訳書など著書多数。海外での文学賞受賞も多く、2006(平成18)年フランツ・カフカ賞、フランク・オコナー国際短編賞、2009年エルサレム賞、2011年カタルーニャ国際賞、2016年ハンス・クリスチャン・アンデルセン文学賞を受賞。

村上春樹 Haruki Murakami 新潮社公式サイト

判型違い(文庫)

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

ビル・クロウ
登録
村上春樹
登録
音楽
登録

書籍の分類