ホーム > 書籍詳細:あなたの迷宮のなかへ―カフカへの失われた愛の手紙―

あなたの迷宮のなかへ―カフカへの失われた愛の手紙―

マリ=フィリップ・ジョンシュレー/著 、村松潔/訳

2,640円(税込)

発売日:2024/02/29

  • 書籍

20世紀最大の作家に宛てた百通以上の幻の手紙から甦る、一人の女性の人生。

没後百年を迎えるカフカの恋人として知られるチェコ人女性ミレナ。カフカから彼女への手紙は後に出版されたが、失われてしまったミレナからの手紙には何が書かれていたのか。作家への愛と情熱、父や夫との葛藤、そして自身の孤独と叫び。別離後もカフカを慕い続け、強制収容所で絶命した女性の魂を、現代の作家が甦らせる。

書誌情報

読み仮名 アナタノメイキュウノナカヘカフカヘノウシナワレタアイノテガミ
シリーズ名 新潮クレスト・ブックス
装幀 Mitsuru Katsumoto/Assemblage、Bunsei Matsuura/Photograph、新潮社装幀室/デザイン
発行形態 書籍
判型 四六判変型
頁数 304ページ
ISBN 978-4-10-590193-6
C-CODE 0397
定価 2,640円

短評

▼Saihate Tahi 最果夕ヒ

自分の愛が、どれほど深くて、どれほどやわらかくて、どれほど渇いていて、どれほど幸せと悲しみに満ちて、そうしてどれほど恐ろしいものなのかを、愛の手紙を書くことで、言葉にして、紙に残すことで、人は知ることになる。その、繰り返しの中で、「あなたも、私を愛してください」と書くときにしか見せられない覚悟はある。少しも恐ろしくないと、他者の愛に告げること。無限に、自らの愛を言葉にした果てで、手を広げて見せること。この作品は、そんな覚悟の痕跡です。


▼ActuaLitte アクチュアリッテ

ミレナからカフカへの未発見の手紙を書き起こすというこの書簡小説の試みは、欲望と愛情をじつに強烈に描き出す。ともに脆さや喪失感を抱えるなかで、フランツとミレナの愛は、土地、列車、国境、戦争、時代、ヴィザ、病気、死を乗り越えていく。


▼Le Monde ル・モンド

未完の作品が多いにもかかわらず栄誉に浴するというパラドクスに包まれた、カフカの生涯と作品への手がかりになるだろう。


▼マリ=フィリップ・ジョンシュレー  

ミレナへの手紙を読みはじめるやいなや、わたしにはそこにはいない手紙の相手の存在がありありと感じられた。“生きている炎”と彼が呼ぶ若い女の声が聞こえる。そう、フランツ・カフカの手紙を読んでいると、彼女はたしかに生きている。あたかも自分がミレナ・イェセンスカーになったかのように、すぐさま返事を書いて、この手紙のやりとりをみずから生きずにはいられなかった。

著者プロフィール

1974年生まれ。ソルボンヌ大学で現代文学、国立東洋言語文化学院(INALCO)で中国語を学んだ後、中等学校(コレージュ)と高校(リセ)で十年間フランス語を教える。2024年2月現在は作家業に専念している。小説に『Diane chasseresse』、『La Mecanique du desir』など。詩も発表している。

村松潔

ムラマツ・キヨシ

1946年、東京生まれ。訳書にイアン・マキューアン『初夜』『ソーラー』『未成年』『恋するアダム』、シーグリッド・ヌーネス『友だち』、マリアンヌ・クローニン『レニーとマーゴで100歳』、ジョン・バンヴィル『いにしえの光』、T・E・カーハート『パリ左岸のピアノ工房』、エクトール・マロ『家なき子』、ジュール・ヴェルヌ『海底二万里』など。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

マリ=フィリップ・ジョンシュレー
登録
村松潔
登録

書籍の分類