ホーム > 書籍詳細:分類という思想

分類という思想

池田清彦/著

1,430円(税込)

発売日:1992/11/19

書誌情報

読み仮名 ブンルイトイウシソウ
シリーズ名 新潮選書
発行形態 書籍
判型 四六判変型
ISBN 978-4-10-600429-2
C-CODE 0345
ジャンル 生物・バイオテクノロジー
定価 1,430円

分類するとはどういうことか、その根拠はいったい何なのか――豊富な事例にもとづいてこの素朴な疑問を解き明かす。生物学の気鋭がおくる分類学の冒険。

著者プロフィール

池田清彦

イケダ・キヨヒコ

1947年、東京都生まれ。東京都立大学大学院生物学専攻博士課程単位取得満期退学。理学博士。生物学者。早稲田大学名誉教授。山梨大学名誉教授。著書に『構造主義生物学とは何か』『構造主義科学論の冒険』『昆虫のパンセ』『だましだまし人生を生きよう』『新しい生物学の教科書』『他人と深く関わらずに生きるには』『生物にとって時間とは何か』『環境問題のウソ』『38億年 生物進化の旅』『「進化論」を書き換える』『この世はウソでできている』『生きているとはどういうことか』『世間のカラクリ』『ナマケモノはなぜ「怠け者」なのか』等がある。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

池田清彦
登録
生物・バイオテクノロジー
登録

書籍の分類