ホーム > 書籍詳細:佐伯祐三のパリ

佐伯祐三のパリ

朝日晃/著 、野見山暁治/著

1,650円(税込)

発売日:1998/03/25

書誌情報

読み仮名 サエキユウゾウノパリ
シリーズ名 とんぼの本
発行形態 書籍
判型 A5判
ISBN 978-4-10-602066-7
C-CODE 0371
ジャンル ノンフィクション、絵画、画家・写真家・建築家
定価 1,650円

パリの裏街を憑かれたように描き続け、30歳の若さで客死した天才画家。その波乱の生涯を辿りながら、名作の舞台となった原風景を作品とともに紹介する。

著者プロフィール

朝日晃

アサヒ・アキラ

野見山暁治

ノミヤマ・ギョウジ

1921年、福岡県生れ。1943年、東京美術学校(現・東京芸術大学)油画科卒業。1958年、安井賞受賞。1978年、『四百字のデッサン』(河出書房新社)で日本エッセイスト・クラブ賞受賞。1981年、東京芸術大学教授を退官。1992年、芸術選奨文部大臣賞受賞。1997年、毎日芸術賞受賞。2000年、文化功労者。2003~04年、東京国立近代美術館などで回顧展「野見山暁治展」開催。画集に『野見山暁治作品集』(講談社)があるほか、主著に『一本の線』(朝日新聞社)、『うつろうかたち』(平凡社)、『いつも今日―私の履歴書―』(日本経済新聞社)、『空のかたち―野見山暁治美術ノート―』(筑摩書房)などがある。画家、エッセイスト。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

朝日晃
登録
野見山暁治
登録
絵画
登録
画家・写真家・建築家
登録

書籍の分類