ホーム > 書籍詳細:藤沢周平 心の風景

失われた“日本の美しい風景”を、作家・藤沢周平の作品に導かれて訪ね歩く。

藤沢周平 心の風景

藤沢周平/著 、佐藤賢一/著 、山本一力/著 、八尾坂弘喜/著

1,540円(税込)

本の仕様

発売日:2005/09/22

読み仮名 フジサワシュウヘイココロノフウケイ
シリーズ名 とんぼの本
発行形態 書籍
判型 A5判
頁数 119ページ
ISBN 978-4-10-602136-7
C-CODE 0395
ジャンル 文芸作品、文学賞受賞作家、ノンフィクション
定価 1,540円

「生まれた田舎の風景がいいことをエッセイばかりか、こっそりと小説の中にまで書き散らして」と語る作家は、故郷・鶴岡を海坂藩として作中世界に昇華させた。作家の「原風景」は読者を魅了し、憧憬の念さえ寄せられている。その魅力の秘密を探しながら、ヴィジュアルに藤沢ワールドに迫る。名作『蝉しぐれ』を歩く旅案内付。

著者プロフィール

藤沢周平 フジサワ・シュウヘイ

(1927-1997)山形県生れ。山形師範学校(現在の山形大学)卒。中学の教員、業界紙の記者を経て、1971年「溟い海」でオール讀物新人賞を受賞し作家デビュー。1973年「暗殺の年輪」で直木賞を、1986年『白き瓶』で吉川英治文学賞を、1989年、作家生活全体の功績に対して菊池寛賞を、1990年『市塵』で芸術選奨文部大臣賞を、1994年、朝日賞、東京都文化賞を受賞。1995年、紫綬褒章を受章。1997年、山形県県民栄誉賞を受賞、鶴岡市から「顕彰の記」が贈られた。2010年、「鶴岡市立藤沢周平記念館」が開館。

佐藤賢一 サトウ・ケンイチ

1968年山形県鶴岡市生まれ。山形大学教育学部を卒業後、東北大学大学院文学研究科で西洋史学を専攻。1993年『ジャガーになった男』で第6回小説すばる新人賞、1999年『王妃の離婚』で第121回直木賞を受賞。2014年には『小説フランス革命』(全12巻)で第68回毎日出版文化賞特別賞を受賞した。主な著書に『傭兵ピエール』『双頭の鷲』『カエサルを撃て』『オクシタニア』『新徴組』『黒王妃』『かの名はポンパドール』『ラ・ミッション 軍事顧問ブリュネ』『ハンニバル戦争』『ファイト』などがある。

山本一力 ヤマモト・イチリキ

1948(昭和23)年高知県生れ。東京都立世田谷工業高校電子科卒業後、様々な職を経て、1997(平成9)年『蒼龍』でオール讀物新人賞を受賞してデビュー。2002年、『あかね空』で直木賞を受賞。著書に『損料屋喜八郎始末控え』『欅しぐれ』『だいこん』『銭売り賽蔵』『かんじき飛脚』『銀しゃり』『研ぎ師太吉』『いすゞ鳴る』『人情屋横丁』『くじら組』『八つ花ごよみ』『おたふく』『べんけい飛脚』『千両かんばん』『紅けむり』「ジョン・マン」シリーズ他多数。

八尾坂弘喜 ヤオサカ・ヒロキ

1951年北海道生れ。1974年東京綜合写真専門学校研究科中退。1984年鶴岡市にてスタジオ「写真工芸やおさか」開設。2003年庄内ゆかりの作家50人をテーマにした写真展「文学のある風景」発表。

目次


藤沢周平生家跡近くから眺める残照の月山と月


はたはたの湯上げ。『三屋清左衛門残日録』で紹介されている


朝の田園風景。奥の金峯山のふもとが藤沢周平が生まれた高坂あたり
グラフ
鶴岡・海坂の四季
文 藤沢周平 撮影 八尾坂弘喜

金峯山は母なる山 藤沢周平
グラフ
古写真に見る鶴ヶ岡城
海坂ミクロコスモス論 佐藤賢一
名作『蝉しぐれ』を歩く
たとえば、橋ものがたり 山本一力

担当編集者のひとこと

藤沢周平 心の風景

 先人の書いたものにひかれて旅に出ることは、ままあることでしょう。〈とんぼの本〉シリーズでも『奥の細道を歩く』があり、現代の作家によるものでは『白洲正子と楽しむ旅』などがあり、『近江路散歩』は司馬遼太郎氏の次の一節に出会わなかったら、はじまらなかったかもしれません。「下り列車が関ケ原盆地をすぎ、近江の野がひらけてくると、胸の中でシャボン玉が舞いあがってゆくようにうれしくなってしまう」(『街道をゆく』)
 私が、藤沢周平氏の故郷・鶴岡へ思いをはせるようになったのは、いつ、どの作品、どの場面からかは、さだかではないのですが、『蝉しぐれ』の冒頭、主人公・文四郎の眼前にひろがる朝の田園風景にひかれたのかもしれません。そして、はじめて訪れたそこは、空が高く、その下にたんぼが豊かにひろがっており、類稀な穀倉地帯を実感しました。
 鶴岡に通い出してから幾度目かの早朝のことでした。寝坊助の私の部屋を、この世の終りとも思えるような轟音と振動がおそいました。とびおきましたが、何が何だかわかりません。窓を打つ雨の音に、日本一の雷多発地帯といわれ、「雷サミット」なるものが毎年開催されている鶴岡が実感されたというわけです。と同時に、ここの風景の秘密がとけた気がしました。今まで横のひろがりばかりにひかれていましたが、その中に垂直のひろがりがかくされていたのです。詳述できませんが、本書中の旅案内の記「名作『蝉しぐれ』を歩く」を出羽三山で終りにしようと考えるようになったのも、この朝ゆえでした。



国宝の羽黒山五重塔

2016/04/27

感想を送る

新刊お知らせメール

藤沢周平
登録する
佐藤賢一
登録する
山本一力
登録する
八尾坂弘喜
登録する
文芸作品
登録する
文学賞受賞作家
登録する

書籍の分類

この分類の本