ホーム > 書籍詳細:予測学―未来はどこまで読めるのか―

予測学―未来はどこまで読めるのか―

大平徹/著

1,320円(税込)

発売日:2020/08/26

書誌情報

読み仮名  
シリーズ名 新潮選書
発行形態 書籍
判型 四六判変型
頁数 208ページ
ISBN 978-4-10-603857-0
C-CODE 0341
定価 1,320円

ウイルスの感染率、天気予報、地震・噴火、自動運転、株式市場、開票結果、平均寿命、ガン患者の余命――社会は「予測」に満ちている。スパコンなどの科学の進歩により、この傾向はどこまで進むのか。自然現象、社会現象などあまたの「予測」を数理学者が読み解く。

著者プロフィール

大平徹

オオヒラ・トオル

1963年、東京都生まれ。名古屋大学大学院多元数理科学研究科教授。1982年、グルー基金奨学生として渡米し、ハミルトン・カレッジに入学、1986年卒業。英国ケンブリッジ大学クライスツ・カレッジ、富士ゼロックス勤務を経て1993年に米国シカゴ大学大学院物理学専攻博士課程修了、Ph.D.取得。ソニーコンピュータサイエンス研究所を経て、2012年4月より現職。専門は「ゆらぎ」や「遅れ」を含むシステムの数理だが、研究対象の題材は数理、物理、生物・生体、社会・経済など幅広く取り上げている。趣味はギター演奏。東京・港区のサッカーチームに親子で所属する週末プレイヤーでもある。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

大平徹
登録

書籍の分類