ホーム > 書籍詳細:発達障害はなぜ誤診されるのか

発達障害はなぜ誤診されるのか

岩波明/著

1,540円(税込)

発売日:2021/02/25

書誌情報

読み仮名 ハッタツショウガイハナゼゴシンサレルノカ
シリーズ名 新潮選書
装幀 駒井哲郎/シンボルマーク、新潮社装幀室/装幀
発行形態 書籍、電子書籍
判型 四六判変型
頁数 220ページ
ISBN 978-4-10-603863-1
C-CODE 0347
定価 1,540円
電子書籍 価格 1,540円
電子書籍 配信開始日 2021/02/25

「その診断」は間違いかもしれない。ASDやADHDはこうして見逃されている!

よく耳にするようになった「発達障害」。が、その誤診率が高いことは知られていない。原因は、他の精神疾患との併存、症状の類似と複雑さ、医師の知識不足や臨床経験の少なさ……。長年、うつ病や依存症とされていたが実は違っていた、ということも稀ではない。第一人者が初めてその実態を報告する。患者や家族、医師も必読!

目次
まえがき
第1章 発達障害かもしれない
発達障害とは何か?/受診のきっかけ/成人期の発達障害/臨床における問題点/いじめ、虐待との関係/発達障害と併存症
第2章 ASDとADHD
発達障害に関する誤解/ASDの過剰診断/小児科からの依頼/DBDマーチ/症状と問題行動が類似/ASDとADHDの症状の比較/うつ病と診断された会社員/専門病院で誤診されたケース
第3章 うつ病ではない?
うつ病の現在/慢性のうつ病/慢性うつ病と発達障害/ASDとうつ病/ASDと自殺/うつ病と関連する心理、社会的要因/うつ病と診断されたASD/会社での不適応/ADHDとうつ病/ADHDにおけるうつ病の頻度/ADHDにおける抑うつ、不安症状/発症の要因/3カ所でうつ病と診断/ADHDの見逃し/うつ病の理系女子/空気が読めないADHD
第4章 双極性障害か、発達障害か
「双極性障害」とは?/うつ状態/躁状態/発達障害との併存/ADHDに併存する双極性障害の治療/躁うつ病として治療を受けていたADHDの女性/治療の経過/ADHDを見過ごされていた男性例/問題行動を繰り返した一例
第5章 統合失調症という誤診
統合失調症とASD/『火星のタイム・スリップ』/おとなしい子供/精神科受診/診断の誤り/ADHDと精神病症状/精神病症状の出現/「非定型精神病」とは?/アパレル店員の女性/入院後の経過
第6章 パーソナリティ障害は存在しない?
「パーソナリティ障害」とは/統合失調症とパーソナリティ障害/ASDにおけるパーソナリティ障害の症状/社会の中の発達障害/生い立ち/思春期から/精神科受診/治療経過/「反社会性パーソナリティ障害」/薬物依存の一例/正しい診断は?
第7章 摂食障害だけではない
「摂食障害」とは/家族関係/発症/症状が悪化する/精神科受診/入院治療/問題行動/退院して自宅に/強迫症状/パニック障害/摂食障害/ADHDが基本的な疾患/その他の症状/クレプトマニア/責任能力
第8章 神経症という誤診
社交不安障害/生育歴と経過/ASDと対人恐怖/公務員の女性のケース/「心因反応」という誤診/イラストレーターの男性
第9章 依存という併存症
発達障害と生きにくさ/依存症とは?/ドストエフスキー/ギャンブル依存/発達障害と依存症/ある高学歴の男性/薬物依存/覚醒剤の恐ろしさ/薬物依存の男性/『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』/アルコール依存症の併存
第10章 発達障害と犯罪
裁判での誤診/詐欺事件/買い物依存/ASDという診断/リンチ事件/生い立ち/面接/診断/殺人未遂事件/現病歴/診断
終章 誤診への対策
精神科の特殊性/「診断基準」にとらわれる/「ドクターショッピング」もやむを得ない

著者プロフィール

岩波明

イワナミ・アキラ

1959(昭和34)年、神奈川県生まれ。東京大学医学部医学科卒。精神科医、医学博士。発達障害の臨床、精神疾患の認知機能の研究などに従事。都立松沢病院、東大病院精神科などを経て、2012年より昭和大学医学部精神医学講座主任教授、2015年より昭和大学附属烏山病院長を兼務。著書に『発達障害』(文春新書)、『医者も親も気づかない 女子の発達障害』(青春新書)、『誤解だらけの発達障害』(宝島社新書)など多数。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

岩波明
登録

書籍の分類