ホーム > 書籍詳細:正力ドームvs.NHKタワー―幻の巨大建築抗争史―

正力ドームvs.NHKタワー―幻の巨大建築抗争史―

大澤昭彦/著

1,980円(税込)

発売日:2024/02/21

  • 書籍
  • 電子書籍あり

昭和の巨魁たちが競った激熱プロジェクト史!

日本テレビの正力松太郎とNHKの前田義徳。テレビ黎明期から対立してきた二大メディアは、巨大建築で覇権を競う。新宿に世界初の「正力ドーム」、多摩丘陵に4000メートルの「読売タワー」、代々木公園に610メートルの「NHKタワー」。桁外れの欲望が生み出した、破天荒な「幻の建築計画」を巡る戦後史。

目次
第1章 テレビ塔の誕生:テレビ黎明期のタワー
1 日本テレビの鉄塔:二番町
局舎用地取得の経緯:有楽町~市ヶ谷~二番町/二番町の土地と大谷米太郎/早川千吉郎の豪邸/高さ一五四メートルの鉄塔/宣伝手段としての展望台
2 NHKの鉄塔:紀尾井町
旧李王家邸跡での鉄塔建設/NHKの原点、愛宕山/風致地区とテレビ塔/宮内庁との近隣トラブル/高さ一七八メートルの鉄塔完成:内幸町から紀尾井町へ
3 NHKと日本テレビの対立
批判された二つの塔/正力松太郎とテレビ/テレビ放送の標準方式を巡る対立/予備免許を巡る対立/NHKの追い上げ
4 ラジオ東京の鉄塔:赤坂
ラジオ東京の発足/テレビへの進出/赤坂新局舎の建設/高さ一七三メートルの鉄塔
5 東京タワー:塔の一本化
浜田成徳電波監理局長の集約化構想/日本電波塔株式会社発足/芝公園につくられた理由/三三三メートルに決まるまで/田中角栄と石井桂/銀色から白・橙の塗り分けへ/東京タワー完成と日本テレビの拒絶
第2章 屋根付き球場計画:正力ドーム
1 戦後の新球場計画
正力の公約:「東京にもう一つ球場を」/戸山ヶ原球場計画:一九四七年/江東楽天地:一九四八年
2 市岡忠男の国際球場
不忍池埋め立てと国際球場計画:一九四九年/埋め立てへの反発/埋め立ての中止/芝公園へ:一九五〇年/高輪・東久邇邸へ:一九五三年
3 旧制第四高等学校人脈と「新宿スタヂアム」
永田雅一と野球場/旧制四高人脈による新宿スタヂアム計画:一九五四~一九五五年/「新宿スタジアム」から「東京スタジアム」へ:一九五六年
4 星野直樹とA野球スタヂアム:星野直樹・久米権九郎・丸山勝久
星野直樹の参画/「A野球スタヂアム計画」:一九五六年/東京ヒルトンホテル人脈:星野直樹・久米権九郎・丸山勝久/「野球場建設計画に関する基礎調査中間報告書」:一九五七年/丸山勝久と五島プラネタリウム/外資導入の失敗
5 「正力ドーム」へ:一九五八年
鮎川から正力へ/土地の履歴:前田家と正力/日本テレビの屋根付き球場/もう一つの屋根付き球場:日本テレビ対ラジオ東京/「新宿コロシアム」構想:顧問会議とゼネコンによる研究/建設用地の変更:帝石跡から淀橋浄水場跡地へ
6 バックミンスター・フラーと屋根付き球場
ウォルター・オマリーへの協力依頼/ブルックリン・ドジャースのドーム球場計画/鈴木惣太郎の渡米/フラー来日/正力ドーム計画の消滅
第3章 正力タワーとNHKタワー
1 フラーの四〇〇〇メートルタワー計画
富士山を超えるタワー/四〇〇〇メートルタワーの中身/四〇〇〇メートルタワーの建設費用/日・米・ソの親善のシンボル/四面体タワーによる一〇〇万人都市
2 日本テレビの五五〇メートルテレビ塔
五五〇メートルタワーの発表/ゼネコン三社の案/なぜ「五五〇メートル」も必要なのか?/五五〇メートルタワーへの反応/五五〇メートルタワーで受信状況は改善するのか?/東京タワーの反応
3 幻の大阪万博三五〇メートルタワー
三菱グループのバックアップ/大阪万博のシンボルタワー/丹下健三らの四〇〇メートルタワー/三菱グループの三五〇メートルタワー/運輸省・大阪府の反対、計画消滅
4 命名「正力タワー」
起工式と披露宴/正力タワーの全貌/南日恒夫と正力タワー
5 NHKの六〇〇メートルテレビ塔
六〇〇メートル級タワー構想/NHKタワー計画の背景/激怒する正力:一二〇〇メートルタワー/タワー競争への批判/NHKタワーの構造設計:一〇通りのタワー案/六〇〇メートルタワー計画の決定
6 巨大タワーを巡る対立
深まる溝/正力松太郎の死/タワー一本化へ
第4章 六一〇メートルNHKタワー
1 代々木公園でのタワー計画:第一次報告書
武藤構造力学研究所設立:超高層ビルから六〇〇メートルタワーへ/建築家三上祐三の招聘/放送センター内から代々木公園へ/三つのタワー案:A・B・C/タワーの公共性:ダラムでの経験
2 麻布テレビ・センター計画
「テレビ・センター計画」の背景/ハーディ・バラックスの払い下げ/設計コンペ:異例の二者当選
3 代々木放送センター計画へ
選手村、朝霞から代々木ワシントン・ハイツへ/ワシントン・ハイツ跡への方針転換/容認する政府、反発する東京都/岸田日出刀の反対/NHKへの払い下げ決定
4 六一〇メートルタワー計画:第二次・第三次報告書
C案一本化:第二次報告書/海外タワー視察/六一〇メートルタワー案の改良(Cー7案):第三次報告書
5 NHKタワー計画の行方
NHKタワー消滅/UHF全面移行方針の撤回/建設費用の調達:NHK内幸町放送会館の売却問題/美濃部都知事の政策/武藤清の一〇〇階建て超々高層ビル構想:四〇〇メートルビル+二〇〇メートルアンテナ塔
終章 東京ドームと東京スカイツリー
1 日本初のドーム球場の誕生
一九六〇年代のドーム構想/名古屋・ノリタケドーム/鈴木俊一東京都知事の「トウキョウドーム」/堤義明による西武球場ドーム化計画/後楽園による東京ドーム建設
2 六〇〇メートル級タワーの誕生
バブル期の超々高層都市構想/第二東京タワーを巡る競争:一九九七~二〇〇一年頃/新タワー建設決定:二〇〇三~二〇〇五年頃/高さ六一〇メートル「すみだタワー」に決定/高さ六一〇メートルの理由
さいごに
主要参考文献
図版出典一覧

書誌情報

読み仮名 ショウリキドームバーサスエヌエイチケイタワーマボロシノキョダイケンチクコウソウシ
シリーズ名 新潮選書
装幀 駒井哲郎/シンボルマーク、新潮社装幀室/装幀
発行形態 書籍、電子書籍
判型 四六判変型
頁数 320ページ
ISBN 978-4-10-603906-5
C-CODE 0321
ジャンル 歴史読み物、歴史・地理・旅行記
定価 1,980円
電子書籍 価格 1,980円
電子書籍 配信開始日 2024/02/21

関連コンテンツ

著者プロフィール

大澤昭彦

オオサワ・アキヒコ

1974年、茨城県生まれ。東京工業大学大学院社会理工学研究科社会工学専攻博士課程修了。博士(工学)。財団法人土地総合研究所研究員、東京工業大学助教等を経て、2024年2月現在、東洋大学理工学部建築学科准教授。専門は都市計画、建築・都市計画法制史。著書に『高層建築物の世界史』(講談社現代新書)、『高さ制限とまちづくり』(学芸出版社)、訳書にザック・スコット『SCRAPERS 世界の高層建築』(イカロス出版)がある。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

大澤昭彦
登録
歴史読み物
登録
歴史・地理・旅行記
登録

書籍の分類