ホーム > 書籍詳細:大切なことは60字で書ける

大切なことは60字で書ける

高橋昭男/著

748円(税込)

発売日:2005/01/20

書誌情報

読み仮名 タイセツナコトハロクジュウジデカケル
シリーズ名 新潮新書
発行形態 新書
判型 新潮新書
頁数 191ページ
ISBN 978-4-10-610100-7
C-CODE 0281
ジャンル 言語学
定価 748円

企画書からラブレターまで「短さ」こそすべて!

美文名文は不要です。日常生活でほんとうに「使える」文章、メッセージが「伝わる」文章を書く秘訣――それは「短く書くこと」です。数多の文章読本を読んで挫折した人でも大丈夫。夏目漱石からジョン・レノン、ファストフード店のマニュアルまでさまざまなテキストを使って「使える」文章の書き方を教えます。読み進めるうちに確実にあなたの文章が「伝わる」ものに生まれ変わります。

目次
はじめに――『桃太郎』の文章術

第1講 メッセージは文章の「核」
第2講 積極文と消極文の違いを知る
第3講 メッセージを60字にまとめる
第4講 ラブレターに学ぶ
第5講 積極文の基本
第6講 「消極文」は隠れた主役
第7講 メッセージを光らせる
第8講 好感度メッセージを心がける
第9講 数字を味方につける
第10講 すべてを語るな
第11講 常に順序を意識する
第12講 正確さは美徳ではない
第13講 生煮えのカタカナ語を使うな
第14講 視点でメッセージは変わる
第15講 「ひな型」を活用すべし
第16講 使える「ひな型」(1)Q&A
第17講 使える「ひな型」(2)時系列
第18講 使える「ひな型」(3)箇条書きの活用
第19講 使える「ひな型」(4)並行方式
第20講 使える「ひな型」(5)積み重ね方式
第21講 使える「ひな型」(6)段階式について
第22講 使える「ひな型」(7)「起承転結」の強み
第23講 使える「ひな型」(8)「序破急」
第24講 トップダウンを心がける
第25講 順序のトレーニングをやってみる
第26講 情報の鮮度に注意する
第27講 見出しに気を配る
第28講 とにかく書く
主要参考文献

蘊蓄倉庫

豚の饅頭と凹凸斜面滑降競技

「豚の饅頭」「凹凸斜面滑降競技」というのは何のことだかご存知でしょうか。前者は食べ物ではありません。これは実はシクラメンの和名です。「広辞苑」にも出ています。後者はスキー競技のモーグルの正式名です。文章を書く際には、「正確さ」よりも「伝わりやすさ」のほうが大切なことが往々にしてあります。『大切なことは60字で書ける』は、こうしたエピソードも交えながら、日常生活で使える文章を書くためのコツを紹介した本です。

掲載:2005年1月25日

担当編集者のひとこと

大切なことは短く

「一体現実を把握している者はいるだろうか?」
「屈折する星くずの上昇と下降、そして火星から来た蜘蛛の群」
「キャプテン・ファンタスティックとブラウン・ダート・カウボーイ(エルトン、バーニーの華麗な夢)」
 これは何かといえば、昔のロックの曲やアルバムの邦題です。最初のはシカゴというアメリカのバンドの曲名です。次のやつはデヴィッド・ボウイのアルバムタイトル。最後のがエルトン・ジョンの曲名です。あまりに長いので、デヴィッド・ボウイのやつは、「ジギー・スターダスト」というタイトルで現在は発売されています。 どれもこれもタイトルとしてはかなり長い。別に日本の担当者が奇をてらったわけではなく、原題をある程度忠実に紹介した結果、こうなったのですから仕方ありませんが、それにしても長いです。
 さて、小泉首相は「ワンフレーズしか喋らない」「説明不足だ」といった批判をよく受けています。首相の政策の是非は置いておいて、その批判はちょっと間違っているような気がします。それらは彼の欠点ではなく、長所だからです。
「仰ることはわかります。私もあなたの気持ちに応えたいという気がしないでもないです。でも、私とあなたとはあまり趣味も合わないですし、将来についての考え方も違うと思うのです。正直言って年収にも不満があります。だからごめんなさい。つきあえません」というのだって、首相なら「悪い。無理」と要約してくれるはずです。
 それで喧嘩やトラブルになるのは厄介ですが、用件を簡潔かつ的確に伝える技術は非常に重要なはずです。『大切なことは60字で書ける』には、日常生活で「使える」文章を書くためのコツが詰まっています。
「必ず役立ちます。読んでください」
 短めにお願いする次第です。

2005年1月刊より

2005/01/20

著者プロフィール

高橋昭男

タカハシ・アキオ

1936(昭和11)年山形県生まれ。東京電機大学卒業。工業英語翻訳家を経て、「テクニカルライティング」の専門家となり、日立製作所、NTT各研究所などで講座を持つ。成蹊大学理工学部非常勤講師。『仕事文の書き方』『大切なことは60字で書ける』など著書多数。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

高橋昭男
登録
言語学
登録

書籍の分類