ホーム > 書籍詳細:民主党―野望と野合のメカニズム―

民主党―野望と野合のメカニズム―

伊藤惇夫/著

770円(税込)

発売日:2008/11/17

書誌情報

読み仮名 ミンシュトウヤボウトヤゴウノメカニズム
シリーズ名 新潮新書
発行形態 新書、電子書籍
判型 新潮新書
頁数 222ページ
ISBN 978-4-10-610290-5
C-CODE 0231
整理番号 290
ジャンル 政治
定価 770円
電子書籍 価格 660円
電子書籍 配信開始日 2009/06/05

小沢一郎はいつ民主党に「合流」したか? なぜ絶対的権力者になれたのか?

彼らは一体、何者なのか? 新党ブームのなかで、なぜ彼らだけ生き残れたのか? なぜ代表が次々クビになるのか? なぜ小沢一郎が絶対的権力者になったのか? なぜ左と右が共存していられるのか? 資金源、実力、弱点は? かつて事務局長を務めた政治アナリストが意外と知られていない歴史、人脈、選挙、政策を総点検。結成十年で自民党と肩を並べるまでになった民主党の仕組みを明らかにする、有権者必携の一冊。

目次
まえがき
I 野望と野合の10年――結成前夜から小沢時代まで
「旧・新・現」の3期に分かれる/細川政権の誕生/武村と小沢の対立/孤立する「さきがけ」/自民分断工作/小沢の羽田降ろし/世紀の野合/旧民主党への胎動/社民を嫌った鳩山兄弟/「丸ごと合流」したい/菅を奪い合う/旧民主党の発足/生みの親は小沢か/新進党の解党宣言/新たな民主党へ/核分裂が核融合に/調整役は細川/羽田をどうするか/新民主の多彩(?)な顔ぶれ/参議院で与野党逆転/自自公連立、成る/菅に迫る包囲網/初の「鳩菅」対決/加藤の乱に「乾杯」/小泉ブーム始まる/「代表専権」にブーイング/5人の離党/小沢が伸ばした手/「年増芸者」に乗せられて/民由合併で完成形/「年金未納」が襲う/思わぬ形で岡田体制/誰も小泉に勝てない/前原新体制/遂に小沢が党首に/自滅した政権/トドメは年金台風/代表の口から「大連立」
II なぜ代表がすぐクビになるのか――代表交代劇と人事抗争
コロコロ変わる代表〔代表選の歴史(96年~08年)〕/「看板」に頼るから
III 「5勝1敗2分」の通信簿――選挙
ほぼ順調に拡大してきた/「市民が主役の民主党」(96年)/「私は変えたい。」(98年)/「奪る。」(00年)/「日本は、政権交代でしか、変わらない。」(01年)/「日本の選択。」(03年)/「まっすぐに、ひたむきに。」(04年)/「日本を、あきらめない。」(05年)/「国民の生活が第一。」(07年)
IV 「寄り合い所帯」を解剖する――主要人物・グループ図鑑
幹部は政党変遷者/保守系ルーツが最多/変遷パターンは25通り/遍歴も開示しては/派閥でなくグループ制/小沢グループ(衆議院のみ一新会)/菅グループ(国のかたち研究会)/鳩山グループ(政権交代を実現する会)/旧社会党グループ(新政局懇談会)/羽田グループ(政権戦略研究会)/前原グループ(凌雲会)/野田グループ(花斉会)/旧民社党グループ(民社協会)/「放し飼い」の面々
V バックにいるのは誰か――機構・地方組織・資金力
党本部は借家住まい/機構は複雑/「必ず文句が出る」風土/党で異なる事務局力/9つのセクション/総支部は全国552/3種類の県連組織/増える党員、サポーター/「都市型政党」の裏の顔/無党派頼みになる理由/資金の96%は税金
VI あらためて理念と政策を検証する――公約・マニフェスト
80%を共有している?/「先送り」が基本政策に/「マニフェスト」の変遷/政策の変遷(税制、憲法、社会保障、外交・安全保障)/望まれるのは統一性

蘊蓄倉庫

ひょっとして鬼門? の代表職

 何だかよく代表が変わる集団だ――民主党についてそう感じている方は多いのではないでしょうか。確かに、98年の新民主党結成から本書刊行時までに代表に就任したのは述べ6人(実数で5人)にもなります。平均在職期間は2年を切っており、自民党総裁の平均(53年で22人)より短い。注目すべきは、現職の小沢一郎氏を除いて、全員が任期途中でその座を追われていることです。最も在職期間が長い鳩山由紀夫氏でさえ、代表専権事項であるはずの人事に批判が噴出、辞任に追い込まれました。なぜトップの座はかくも「辛い」ものなのか。それには民主党議員独特というある意識が関係しています。詳しくは本書でお確かめください。
掲載:2008年11月25日

担当編集者のひとこと

元事務局長の総点検

「この党はもう駄目だ、と思って2001年に飛び出した時には、まさかこうなるとは思っていなかった」。
 本書がいよいよ発売になるという頃、著者の伊藤惇夫さんは冗談交じりにこう仰いました。
 各メディアで政治アナリストとして活躍中の伊藤さんは、かつて民主党の事務局長を務めていました。さらに遡ると、20年の自民党本部勤務の後に新進党に移り、太陽党、民政党の事務局長を歴任して「新党請負人」の異名を取った経歴があります。
 その伊藤さんが今回挑んだのは、自民党と肩を並べるまでになった民主党の、意外にも知られていない歩みを整理することです。なかでも、なぜ「新党の時代」に誕生し、唯一生き残って拡大し続けてこられたのかを綴った10年のドキュメント(I 野望と野合の10年――結成前夜から小沢時代まで)が読みどころ。熱いドラマの途中には、伊藤さん自身の記憶も散りばめられています。
 例えば、00年11月の「加藤の乱」の際、制圧されてしまうのが確定的になった夜に菅直人氏はワインで祝杯をあげていたそうですし、事務局長だった01年の初詣で願ったことはただ一つ、「どうか夏の参議院選挙まで森政権が続いてくれますように」だったとか――。
 本書全体には「外野」になってからのクールな視線が貫かれており、それが有権者の抱く「民主党への疑問」に答える力となっています。満を持して送る「民主党・解体新書」を、どうぞお楽しみください。

2008/11/25

著者プロフィール

伊藤惇夫

イトウ・アツオ

1948(昭和23)年神奈川県生まれ。学習院大学法学部卒。約二十年間の自民党本部勤務を経て新進党に移る。その後、太陽党、民政党、民主党の事務局長に就任。2001年退任し、明治学院大学、日本大学非常勤講師、政治アナリスト。著書に『政党崩壊』『永田町「悪魔の辞典」』など。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

伊藤惇夫
登録
政治
登録

書籍の分類