ホーム > 書籍詳細:眼力の鍛え方

『DS眼力トレーニング』監修者が懇切丁寧に解説。鍛えれば、あなたもいつかボールが止まって見える!?

眼力の鍛え方

石垣尚男/著

748円(税込)

本の仕様

発売日:2009/02/16

読み仮名 メヂカラノキタエカタ
シリーズ名 新潮新書
発行形態 新書、電子書籍
判型 新潮新書
頁数 188ページ
ISBN 978-4-10-610302-5
C-CODE 0275
整理番号 302
ジャンル 家庭医学・健康、スポーツ
定価 748円
電子書籍 価格 660円
電子書籍 配信開始日 2012/06/29

「眼力」とは視力だけに限らない。眼には、動体視力、瞬間視、眼球運動、周辺視野など、その他にも様々な機能が備わっている。スポーツの「センス」の正体とは、こうした様々な眼の機能のことであり、それは鍛えれば向上させることができるのである。スポーツの競技者だけでなく一般人にも使える「眼力の鍛え方」を、『DS眼力トレーニング』監修者の著者が分かり易く解説する。

著者プロフィール

石垣尚男 イシガキ・ヒサオ

1947(昭和22)年生まれ。愛知工業大学教授。東京教育大学(現・筑波大学)体育学部卒。医学博士。任天堂『DS眼力トレーニング』監修者。専門はスポーツと視覚の研究で、プロスポーツチームへのアドバイスも行っている。著書に『ボールが止まって見える!』など多数。

目次

まえがき
第一章 「ボールの縫い目なら見えるよ」
落合博満のコメント/「スポーツビジョン」という分野/鍛えれば眼の力はアップする/『DS眼力トレーニング』の功績/センスの正体は「眼の良し悪し」/オープンスキル系とクローズドスキル系
第二章 三つの眼の力
「良い視力」は「良い眼」のベース/「メヂカラ」とは違う「ガンリキ」/視力は6歳で完成/落ち着きのない子供は「発達中」/眼は死ぬまで発達をやめない/寝なくても疲れても眼は大丈夫/「軽い近視」は最先端の眼/視力検査の正しい理解/スポーツ選手は視力1.2を確保せよ
第三章 スポーツビジョンの測定法
二つの「体力」/一つの尺度では測れない眼力/本格的な測定は8項目/スポーツビジョンとパフォーマンスの関係/「追跡系」と「視野系」/武豊の才能は「経験知」/広島カープで証明された衝撃の事実/スポーツビジョンはトレーニングでアップする
第四章 トレーニングで眼は変わる
中田英寿の独自トレーニング/基礎的トレーニングと個別的トレーニング/たった2カ月で10%アップ/視機能アップはスキルに結びつくのか
第五章 眼の矯正と保護
スランプ時には視力の確認を/Jリーガーはなぜ視力がいいか/後遺症が心配な眼のケガ/「見えない」トレーニングの絶大な効果
第六章 一流選手の眼のつけどころ
スイングの修正可能地点/コントロールと的の関係/「先読み」ができるのは小学5年生から/監督と選手の視線の違い/野茂英雄がメジャーで成功した理由/江夏豊の瞬間的判断、江川卓の逆算/古田敦也のインテリジェンス/「無意識の意識化」と「意識の無意識化」
第七章 色の効用
利き眼はどちらが有利か/利き手と利き眼は逆の方がトク?/キャッチャーミットは黄色く縁取れ!/色のイメージとパフォーマンス/もっと色の活用を/打ち下ろしのホールが近く見えるのは?/清原和博の錯視
付録 トレーニングの方法

蘊蓄倉庫

よい選手にはよい眼力が

 プロ野球の広島カープでは、1989年からの8年間、ドラフト指名選手に対して、入団前にスポーツビジョン(眼力)の検査を行っていました。1996年にその結果を集計したところ、眼力の能力と入団後のパフォーマンスは、驚くほど強い正の相関関係を示していることが明らかになりました。要するに、高校時代に何本ホームランを打ったか、足の速さはどれくらいかなどを見るよりも、スポーツビジョンの能力を測れば、その選手がプロ入り後に伸びる選手かどうかがわかってしまう、ということなのです。
掲載:2009年2月25日

感想を送る

新刊お知らせメール

石垣尚男
登録する
家庭医学・健康
登録する
スポーツ
登録する

書籍の分類

この分類の本

眼力の鍛え方

以下のネット書店よりご購入ください。

※ 詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

電子書店

Shincho Live!