ホーム > 書籍詳細:女子大生がヤバイ!

女子大生がヤバイ!

小沢章友/著

748円(税込)

発売日:2009/06/17

書誌情報

読み仮名 ジョシダイセイガヤバイ
シリーズ名 新潮新書
発行形態 新書、電子書籍
判型 新潮新書
頁数 188ページ
ISBN 978-4-10-610318-6
C-CODE 0239
整理番号 318
ジャンル 社会学
定価 748円
電子書籍 価格 660円
電子書籍 配信開始日 2012/05/25

「本当の私は誰も知らない……」フツーの女子大生たちの生の本音――。

「キレる」心理を鋭く分析したかと思えば、奔放に性体験と性的妄想を描き出す。親への違和感を吐露し、友だちのウザさにむかつく――東京郊外のさる女子大で文章創作の講座を受け持つ著者が、その作品を通じて、女子大生の頭の中を解剖。予想を遥かに超えて表現されるその作品からは、彼女たちの思考とライフスタイルが生々しく浮かび上がってくる……。フツーの女子大生たちの本音は、ヤバイほどに面白い。

目次
はじめに
第一章 心のかたち――芯はまじめだが、キレるとヤバイのだ
1 キレる――敵意温存
2 とっておきの場所
3 ヤバイ!
4 嫉妬の黒い隙間
5 安定存在
第二章 家族――漂流のはてに行き着くところは
1 父殺し
2 団塊の父への鎮魂歌
3 偉大な母よ
4 母へのしこり
5 家族ゲーム
第三章 友人――偽装だらけで、本物の友人はどこにいる
1 理想の友だち
2 殺したいライバル
3 うざい友だち
4 女友だちと恋愛ゲーム
5 友だち、なし
第四章 彼氏――脳内彼氏と現実彼氏はあまりにちがう
1 セフレ
2 脳内彼氏
3 超秋葉系彼氏
4 イケメン・カブトムシ
5 食べちゃいたい
6 フェロモン
7 別れの儀式
第五章 性的妄想――ひそかに育てられるエロスと暴力
1 キリトリセン
2 同性愛
3 禁じられた遊び
4 愛のかたち
5 暴力愛
6 自傷愛
7 ひめごと
第六章 携帯メール――新たな自己主張の武器を使いこなせ
1 ケータイこそわが人生
2 ケータイ断食
3 静かな時間
4 顔も知らない男――危険なプロフ
5 復讐サイト
6 世界の片隅で――自殺サイト
終わりに

蘊蓄倉庫

今どきの女子大生は文章上手

 著者が某女子大で「文章創作」講座を始めたのは、まだバブルの余韻があった1994年のことでした。女子大生ブームなどと言われ、彼女たちの派手で奔放な生活ぶりが取りざたされていた頃です。でも実際の生徒たちの作品を見ると、案外、素朴でまじめな一面が窺えたものです。
 それから十五年、現在の作品を見ると、開始当初と比べて、驚くほど大きく変化したことがあります。それは、文章力、表現力が格段に上がったこと。理由は二つ考えられるのではないかと思われます。まず一つは、携帯によるメールが日常的に行われていること。つまり彼女たちはしょっちゅう文章を書いているのです。二つ目は、書く内容に道徳的タブーがなくなったこと。かつては自主規制していた暴力でもセックスでも、何の臆するところなくストレートに書くようになったとか。なぜ彼女たちはそうなっていったのか、そして彼女たちの過激な作品の詳しくは、本書で。
掲載:2009年06月25日

著者プロフィール

小沢章友

オザワ・アキトモ

1949(昭和24)年、佐賀県生まれ。コピーライター等を経て作家に。早稲田大学政経学部卒。『遊民爺さん』で開高健賞奨励賞受賞。また某女子大にて非常勤講師として文章創作講座を受け持つ。著作に、『心配しないでね』『龍之介地獄変』『三島転生』『歌舞伎町 炎の夜』など多数。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

小沢章友
登録
社会学
登録

書籍の分類