ホーム > 書籍詳細:電通とリクルート

電通とリクルート

山本直人/著

792円(税込)

発売日:2010/12/17

書誌情報

読み仮名 デンツウトリクルート
シリーズ名 新潮新書
発行形態 新書、電子書籍
判型 新潮新書
頁数 223ページ
ISBN 978-4-10-610398-8
C-CODE 0236
整理番号 398
ジャンル マスメディア
定価 792円
電子書籍 価格 660円
電子書籍 配信開始日 2011/06/24

「欲望」はいかに作られたのか? 「情報に疲れた社会」の行方を読む画期的社会論。

情報産業の双頭が、押し寄せる情報の海に翻弄されている。マス・メディアを通じた広告であらゆる商品を売ってきた電通と、就職や住宅購入等、「人生の節目」をビジネスにしたリクルート。モノが飽和したにもかかわらず、「憧れの生活」が絵空事になってしまったこの国で、我々の欲望はどこへ向かうのか? 彼らはその欲望の創出にどうかかわろうとしているのか? 消費社会の光と影を露わにする、知的興奮に満ちた一冊。

目次
はじめに――二つの「広告」
第一章 買いたい人と稼ぎたい人
人は簡単に踊らない/一度だけの広告不況/「金曜日はワイン」の成功/日本という商品/発散志向広告の限界/求人広告は特殊/変換スキルと編集スキル/「就職情報」創刊/「クリスマス・エクスプレス」への納得感
第二章 元栓のうまみ、毛細管の凄み
「それは営業じゃない」/競わされる広告代理店/「住宅情報」が転換点/名刺はいただくもの/電通だけの既得権益/マス広告にない情報/社員が変わった?/ネットが呼んだ競合他社/戻ってきたブーメラン/黒子への疑い
第三章 「次の幸福」という仕掛け
一大事のパートナー/「自分」と向き合う時代/結局は値段/コピーからランキングへ/「いつかはクラウン」の空気/持てる者の幸福論/増殖する「豊かさ」/ある世論調査のからくり/物と心と金の関係/幸福という名の隘路/「三丁目の夕日」は幸せなのか
第四章 情報誌を欲したのは誰か
時代はネットリ変わる/拡散した大衆/「私」への回帰/「疑似貧乏」層の消費/焦るテレビ局/「ご自由に」と言われて/「買う理由」が欲しい/新しさより合理性/結婚式が変わる
第五章 CMから「憧れの景色」が消えた
承認された嘘/偽リアリティの全盛/高級車は媚びない/「夫婦で車を買う」CM/ガイダンス広告/情報誌は広告か/縦長になったテレビ欄/トレンディドラマへの抵抗感/「こども店長」の誕生
第六章 「感動をありがとう」の正体
情報への見切り/手を結んだ二社/「食べるラー油」の上手さ/答え合わせをする人々/「隠れ家」を教えるテレビ/三十年の船酔い/意図せざる共振/「就職情報」と自己実現/数え切れない青信号/情報は約束しない
おわりに――地図と聖書
主要参考文献

担当編集者のひとこと

なぜこの2社なのか

 マーケティングと人材育成のコンサルタントとして活躍する山本直人さんの新刊は、『電通とリクルート』です。なぜ今この2社なのか、と思われる方もいるかもしれません。実は「電通と博報堂」でもなければ、「リクルートとベネッセ」でもないところに、山本さんの試みが凝縮されています。
 この企画を頂いたときに編集担当が思い浮かべた電通とリクルートの共通点は、とてつもなく幅広い事業を展開していること、そして本体の姿はよく見えないことでした。様々なCMを毎日楽しんで見ていますし、就職活動のときは「リクナビ」にたいへんお世話になりました。でも、考えてみれば一消費者としてお金を払う機会はなかったのです。広告の仕組みはそういうもの、という分かったような認識を『電通とリクルート』が打ち破ってくれる可能性を感じたことを覚えています。
 山本さんは2社が発信してきた「2つの広告」から話を始めます。電通がマス・メディアに載せて送り出す広告を「発散志向広告」、リクルートが情報誌などの新しいメディアに載せて送り出す情報を「収束志向広告」と定義し、私たちがどのように影響されてきたかを解きあかしました。懐かしい広告コピーや情報誌を挙げながら流れを語る技は見事です。
 今、私たちの身の回りにあるのは広告だけではありません。PCを使えば簡単に得られる「情報」があります。いつからかCMは「続きはネットで!」と検索を促すようになりました。紙の情報誌も検索結果と限りなく近くなってしまったいま、こういったビジネスはどう変わっていくのでしょうか。そもそも私たちは情報がこれほど増えて、幸せになったのでしょうか――山本さんはここまで踏み込みます。お気づきのように本書は、電通とリクルートの企業研究に止まりません。2つのビジネスモデルを知ることは、私たちの「欲望」の変遷を知ることでもあるのです。

2010/12/25

著者プロフィール

山本直人

ヤマモト・ナオト

1964(昭和39)年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部卒業。博報堂に入社。2004年退社、独立。現在マーケティングおよび人材育成のコンサルタント、青山学院大学経営学部マーケティング学科講師。著書に『電通とリクルート』など。

naoto_yamamoto : 山本直人 HOME (外部リンク)

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

山本直人
登録
マスメディア
登録

書籍の分類