ホーム > 書籍詳細:復活の力―絶望を栄光にかえたアスリート―

復活の力―絶望を栄光にかえたアスリート―

長田渚左/著

792円(税込)

発売日:2010/12/17

書誌情報

読み仮名 フッカツノチカラゼツボウヲエイコウニカエタアスリート
シリーズ名 新潮新書
発行形態 新書、電子書籍
判型 新潮新書
頁数 220ページ
ISBN 978-4-10-610399-5
C-CODE 0275
整理番号 399
ジャンル スポーツ
定価 792円
電子書籍 価格 660円
電子書籍 配信開始日 2011/06/17

どん底から這い上がろうとするときに、人間の器のすべてが見える。【感動のノンフィクション】

腕が上がらない、拳を砕いた、靭帯断裂、複雑骨折、脚の切断……アスリートにとって最大の宿敵は、大ケガや大病である。高橋大輔、村田兆治、池谷幸雄、佐藤真海、浜田剛史、中野浩一、安直樹、青木功――彼らは選手生命が消えるほどの絶望から、どのように甦り、栄光を勝ち取ったのか? 名選手の陰の苦闘と内なるパワーの源泉を、スポーツジャーナリストの第一人者が徹底取材から描き出す、感動のノンフィクション。

目次
まえがき
1 15カ月の大勝負――高橋大輔 フィギュアスケート選手
医療ネットワーク/リスクとチャンス/ケガの原因/リハビリと失跡/リハビリから氷上へ/失敗の笑顔/実戦の醍醐味
2 不屈のマサカリ――村田兆治 プロ野球選手
プロのフォーム/最強の2本指/マサカリの完成/痛みと暗闇/執念と光/出会いと覚悟/試練と決意/サンデー兆治
3 ケガは友達――池谷幸雄 体操選手
規格外の幼年時代/母の作戦/性格を見抜いた軌道修正/戦場にいる覚悟/不可能を可能に/類のないサポート体制/アクシデントと後遺症/集中力と微笑/ケガを敵にしない
4 スポーツの力――佐藤真海 パラリンピック陸上選手
骨肉腫という病魔/文武両道/二つの夢/消えない痛み/一縷の望み/待望と絶望/水着と鏡/水とタータントラック
5 ハードパンチャーの砂時計――浜田剛史 プロボクサー
予期せぬ出来事/最良の選択/失意と絶望/周囲からの焦燥/地獄の中の光/厳格な日常/要心と警戒/世界挑戦直前の緊急事態/悲痛な忍耐/最強の王者
6 99日の死闘・世界選手権10連覇の秘話――中野浩一 競輪選手
V10絶望の大ケガからの復活/転機となった鈴木トレーナーとの出会い/決戦の地で生じた迷いと恐怖/中野を目覚めさせた山本トレーナーの一言
7 スポーツの光――安直樹 プロ車椅子バスケットボール選手
安心と手術/治療と涙/現実と不登校/匂いとホンキ/光明と夢中/抗議と人間/努力と接着/資格と海外/夢と恩返し
8 ケガはしない――青木功 プロゴルファー
初めての危機/2度目の危機と自覚/入念な手入れ/独自の肉体理論/非凡な記憶力
あとがき

蘊蓄倉庫

スポーツ医科学と復活力

 身心を鍛え上げ、大切な瞬間に勝負をかけるスポーツ選手にとって、大ケガをしたり、大病を患うのは、生命線を断たれるも同じです。
 ケガや病気の際には、スポーツ医科学での最新治療を受ける選手たちが多いのですが、日本の医学、科学的サポートは驚くほどの発展をみせています。例えば、本書に登場する村田兆治氏から高橋大輔氏の手術までには25年ありますが、その間にもスポーツ医科学の日進月歩を強く感じたと著者は述べています。
 しかし、どんなに医科学が進んでも、選手の根底にある精神の復活力が欠かせないということです。
 本書をお読みいただき、未曾有の危機から甦っていくアスリートの底力を感じていただきたいと思います。
掲載:2010年12月25日

担当編集者のひとこと

長田渚左さんと8人の名選手

 著者の長田渚左さんは、フジテレビ系列「FNNニュース」でのキャスターやNHK衛星放送「週刊ブックレビュー」での司会を務められたことがあり、また今でもNHKラジオやRKBラジオの番組に出演されているので、よくご存知の方も多いと思います。
 しかし、本業はスポーツジャーナリストなのです。その分野の女性ジャーナリストとしては先駆的な存在です。
 今は、スポーツ総合雑誌「スポーツゴジラ」の編集長を務められており、早稲田大学スポーツ科学部などで教壇にも立たれています。
 いつまでも若々しく活発な長田さんですが、その美貌だけでなく、相手に胸襟を開かせる雰囲気を醸し出しています。
 本書では、名選手8名に徹底取材し、選手自身があまり語りたくない、ケガや病気との陰の苦闘の軌跡を描き出しています。
 ご自身の雑誌で掲載した「ケガに克つ」「病気に克つ」という連載に、加筆され、まとめられたのが本書です。
 長田さんの緊迫感あふれ、リズム良い文章と、そこに描き出される名選手8名の復活への劇的な事実をぜひ堪能ください。
 読み応えのある感動的な人間ノンフィクションです。

2010/12/25

著者プロフィール

長田渚左

オサダ・ナギサ

東京・杉並区生まれ。桐朋学園大学演劇専攻科卒業。ノンフィクション作家。著書に『北島康介プロジェクト2008』『こんな凄い奴がいた』『欲望という名の女優 太地喜和子』など。現在、スポーツ総合誌「スポーツゴジラ」編集長。日本スポーツ学会代表理事。淑徳大学客員教授。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

長田渚左
登録
スポーツ
登録

書籍の分類