ホーム > 書籍詳細:マイ仏教

人生は苦。諸行無常の世の中だけど……、そこがいいんじゃない! M・J流仏教入門。

マイ仏教

みうらじゅん/著

778円(税込)

本の仕様

発売日:2011/05/16

読み仮名 マイブッキョウ
シリーズ名 新潮新書
発行形態 新書、電子書籍
判型 新潮新書
頁数 190ページ
ISBN 978-4-10-610421-3
C-CODE 0215
整理番号 421
ジャンル 宗教
定価 778円
電子書籍 価格 648円
電子書籍 配信開始日 2011/11/25

人生は苦。世の中は諸行無常。でも、「そこがいいんじゃない!」と唱えれば、きっと明るい未来が見えてくる。住職を夢見ていた仏像少年時代、青春という名の「荒行」、大人になって再燃した仏像ブーム。辛いときや苦しいとき、いつもそこには仏教があった。グッとくる仏像、煩悩まみれの自分と付き合う方法、地獄ブームと後ろメタファー、ご機嫌な菩薩行……。その意外な魅力や面白さを伝える、M・J(みうらじゅん)流仏教入門。

著者プロフィール

みうらじゅん ミウラ・ジュン

1958(昭和33)年京都府生れ。イラストレーターなど。武蔵野美術大学在学中に漫画家デビュー。1997(平成9)年「マイブーム」で新語・流行語大賞、2004年度日本映画批評家大賞功労賞を受賞。著書に『アイデン&ティティ』『青春ノイローゼ』『色即ぜねれいしょん』『アウトドア般若心経』『十五歳』『マイ仏教』『セックス・ドリンク・ロックンロール!』『キャラ立ち民俗学』など多数。共著に『見仏記』シリーズ、『D.T.』などがある。

目次

まえがき
人生で大切なことはすべて仏教が教えてくれた
将来の夢は住職
タイム・ハズ・チェンジ
第一章 仏像少年
きっかけは怪獣だった
「仏像ブーム」の大恩人
仏さんのコンサートとサイン会
仏像スクラップ
いつだって邪鬼目線
地方仏ブーム
密教のデザイン
みうら少年、因果応報を知る
ウルトラマンと弥勒菩薩
仏縁の活字デビュー
住職になりたい!
第二章 青春という名の「荒行」
クラスメイトの荒行
愛しの法然上人
通信空手家への道
「イマジン」と「イマ寺院」
独鈷をギターに持ち替えて
ディランと釈迦
「好き=なりたい」である
横尾忠則経由で、仏教と再会
一九八〇年代は末法の時代
「大仏連」の結成とツッコミ如来
元祖・仏像ブーム
第三章 諸行無常と諸法無我
「四法印」の教え
仏像が壊れ、天狗の鼻が折れる
「色即是空」で美大合格
ポジティブに「あきらめる」
“ホビー教信者”だけが知っていること
お寺もまた諸行無常から逃れられない
諸法無我=自分なくし
「自分を変えること」を恐れるな
四門出遊
第四章 地獄ブームと後ろメタファー
「地獄ブーム」がやって来た
閻魔大王もIT化
地獄を予習する
羊やロバと性交した者が堕ちる場所
生き地獄
後ろメタファー
宗教が苦手な理由
「いや、~」「でも、~」と言わない
「フグ・カニ・スッポン」というお布施
日本仏教は「フリー・コンサート」か
仏教に「おもしろい」を取り入れる
人間けだもの。
第五章 ご機嫌な「菩薩行」
「機嫌」の由来は仏教から
機嫌ブーム
「何でこの俺が」という禁句
小乗的な「自分探し」と大乗的な「自分なくし」
僕滅運動
「マイブーム」という接客行
「自分なくし」は生きるテクニック
第六章 いつも心に「マイ仏教」を!
お釈迦さんの初説法
欲望という厄介なもの
「調子に乗る」は悪いことなのか?
文化は欲望から生まれる
死ぬのは苦しいことなのか?
お釈迦さんだけが考えた
比較三原則
そこがいいんじゃない!
自分だけの念仏を唱える
いつも心に「マイ仏教」を!
グレイト余生。――あとがきに代えて

担当編集者のひとこと

仏教が永遠のマイブーム!

 今は当たり前に使われている「仏像ブーム」という言葉。みうらさんがはじめてこの言葉を使い出した約20年前は、「そんなブームは来てないよ!」と突っ込まれるだけだったと言います。それが今やどうでしょう。奈良や京都の有名な仏像が「ご上京」されると、仏様を一目拝もうと、人、人、人の長蛇の列です。さらに、これまで「仏像ファン」と言えばお年寄りと相場が決まっていたのが、より幅広い年齢層の人たちが、仏像鑑賞を楽しむようになりました。
 このように仏像鑑賞がよりポップな趣味になったのは、間違いなくみうらじゅんさんの功績です。
 では、そのみうらさんがそもそも仏像にハマったきっかけは何か――。
 それは少年時代にまでさかのぼります。詳しくは、本書「仏像少年」「青春という名の『荒行』」の章をご覧いただくとして、みうらさんの「仏縁」は小学生のときからあり、一朝一夕のものではないことがおわかりいただけると思います。
 そのみうらさんに、「仏教そのもの」について語っていただこうというのが、本書『マイ仏教』です。しかしそこはみうらじゅん。「地獄ブーム」「後ろメタファー」「僕滅運動」「ご機嫌な『菩薩行』」などといった新語・造語が連発。融通無碍な仏教理解と実践にいろどられた、かつてない「仏教書」となっています。また、みうらさんが仏教の教えを人生のあらゆるシーンに応用していることもうかがえます。まさに、みうらさんにとって仏教は「永遠のマイブーム!」なのです。
 なにごとも「入り口」が大切です。「おもしろい・わかりやすい」本書を読み、それが仏教のディープな世界に足を踏み入れるきっかけとなれば、「仏像ブーム」のときのように、より多くの人が仏教に親しむようになるかもしれません。
 おもしろくたのしい、そしてタメになる――。MJ流の仏教入門をぜひご覧ください。

2011/05/25

感想を送る

新刊お知らせメール

みうらじゅん
登録する
宗教
登録する

書籍の分類

この分類の本

マイ仏教

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto

マイ仏教

以下のネット書店よりご購入ください。

※ 詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

電子書店

Shincho Live!