ホーム > 書籍詳細:天皇陛下の本心―25万字の「おことば」を読む―

「天皇という立場にあることは、孤独とも思えるものです」葛藤、祈り、模索、苦悩……「おことば」で読み解く「平成」。【即位25周年】

天皇陛下の本心―25万字の「おことば」を読む―

山本雅人/著

821円(税込)

本の仕様

発売日:2014/11/15

読み仮名 テンノウヘイカノホンシンニジュウゴマンジノオコトバヲヨム
シリーズ名 新潮新書
発行形態 新書、電子書籍
判型 新潮新書
頁数 239ページ
ISBN 978-4-10-610595-1
C-CODE 0221
整理番号 595
ジャンル 政治
定価 821円
電子書籍 価格 648円
電子書籍 配信開始日 2015/05/15

「平成」の世となって四半世紀。陛下は「天皇として何ができるか」を常に問い続けてこられた。「象徴」の模索、天皇としての孤独、伝統を破る挑戦、年齢との闘い、次世代への戸惑い、家族への愛情、被災者への祈り──。陛下はこうした想いを、驚くほど率直に国民に伝えてきた。25万字にものぼる「おことば」を元皇室担当記者が精読し、その本心と素顔を明らかにする。

著者プロフィール

山本雅人 ヤマモト・マサト

1967(昭和42)年東京都生まれ。産経新聞記者。学習院大学文学部卒。さいたま支局、社会部などに在籍し、2003(平成15)年から宮内記者会で皇室取材を担当。在任中「皇太子さま『人格否定』ご発言」や「紀宮さまご婚約」などを取材。著書に『天皇陛下の全仕事』。

目次

はじめに
第一章 「おことば」と本心
天皇の「おことば」とは/後悔の吐露/誤解を恐れずに/率直な思いを国民へ
第二章 「象徴」の模索
「象徴」の難しさ/前例なき天皇像/「よりよいあり方」の積み重ね/国民とともに歩む
第三章 日本国憲法と存在
憲法は最高法規である/深い理解と精通/国事行為をめぐる論争/公的行為への意思/天皇としての実感
第四章 「平成流」の真髄
究極の公平性/たとえ反対にあっても/儀式の意味を問いなおす/敬語を使うべきか
第五章 祭祀と伝統
宮中祭祀への思い/政教分離とタブー/信教の自由/古い伝統と新しく始めたもの/前例にとらわれずに
第六章 公人中の公人
完全に私人にはなれない/公私の区分のあいまいさ/「生きている象徴」と体調/「反論権」がない
第七章 皇室という家族
親との特別な関係/妻から得たあたたかさ/新しい子育てへ/家族を基盤にした理解/子の独立と孫の誕生/悠仁さまの教育/皇室典範改正の議論/家庭とプライバシー
第八章 人柄と素顔
魚類の研究者として/研究が人間性を形成する/趣味のテニス
第九章 被災地への祈り
平成流の被災地訪問/東日本大震災でのビデオ声明/東北へのお見舞い/「国民の連帯」に希望を/長い年月で俯瞰する
第十章 戦争と沖縄
小学時代の戦争の記憶/戦没者慰霊の旅/世代交代と歴史認識の変化/沖縄への深い思い/国民から忘れられないために/複雑な歴史を乗り越えて
第十一章 社会への寄与
国際親善の長いキャリア/海外の日系人をつなぐ/海外訪問の苦労と負担/「外交」ができない立場で/陛下が光を当てた福祉/天皇として何ができるか
第十二章 次世代への継承
肉体の変化と精神の充実/公務軽減への難色/宮内庁の理論武装/定年制への言及/「新たな公務」の波紋/次世代への継承/「祈り」としての皇室
おわりに
天皇陛下「平成」25年間の歩み

まとめテーマでくくる 本選びのヒント

感想を送る

新刊お知らせメール

山本雅人
登録する
政治
登録する

書籍の分類

この分類の本

天皇陛下の本心―25万字の「おことば」を読む―

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto

天皇陛下の本心―25万字の「おことば」を読む―

以下のネット書店よりご購入ください。

※ 詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

電子書店

Shincho Live!