ホーム > 書籍詳細:戦争と平和

戦争と平和

百田尚樹/著

836円(税込)

発売日:2017/08/10

書誌情報

読み仮名 センソウトヘイワ 
シリーズ名 新潮新書
装幀 新潮社装幀室/デザイン
発行形態 新書、電子書籍
判型 新潮新書
頁数 222ページ
ISBN 978-4-10-610731-3
C-CODE 0221
整理番号 731
ジャンル 政治・社会
定価 836円
電子書籍 価格 836円
電子書籍 配信開始日 2020/05/22

累計450万部突破。『永遠の0』著者が放つ圧倒的説得力の反戦論!

日本は絶対に戦争をしてはいけない。日本人ほど、戦争に向かない民族はいないのだから――。「ゼロ戦」と「グラマン」の徹底比較から見えてきた、私たちの致命的な欠点とは何か。ベストセラー『永遠の0』に秘めた、本当の想いとは。作家が「何としても戦争を回避しなければならない」という強い想いから真摯に綴った、圧倒的説得力の反戦論。

目次
まえがき
第一章 ゼロ戦とグラマン
極限状況下に短所は現れる/根本から異なる設計思想/職人技を求める日本/高すぎる要求水準/パイロットの命をどう考えるか/ゼロ戦と日本刀/日本には「盾の思想」がない/戦で人が死なない国/悪いことを考えると実現する?/撃たれなければいいのだ/日本国憲法は「万が一」を想定していない/ダメージコントロールを重視したアメリカ/浸水にどう対処するか/閉鎖式格納庫と開放式格納庫/アメリカは防御重視/原爆並みの開発費を投じたVT信管/使い捨てられた熟練パイロット/ガダルカナルの消耗戦/名人芸への過大な期待/救命ボートに釣竿も完備/ヒューマニズムではなく合理主義/遠方からの攻撃能力/データ重視の弊害/牛に引かれて進むゼロ戦/曖昧さを許さない日本人/ハンドルにバリエーションは必要なのか/戦場で銃は使い分けられない/補給の重要性を理解していなかった/石油を死守できなかった/一騎打ち幻想/戦争とは長引くものである/硬直した官僚制度の弊害/弱気になるエリートたち/上層部の無責任体質/戦争の目的/最悪を想定しない日本人
第二章 『永遠の0』は戦争賛美小説か
五〇歳の決心/小説家を目指した動機/戦争を語り継ぐ/戦争は遠い歴史になった/宮部久蔵とは何者か/『永遠の0』で描きたかったもの/朝日新聞からの批判/戦争賛美か?/読まずに批判する人たち/右翼と戦記マニアからの非難/お世話になった人たち/口コミと書店の後押し/そして四五〇万部に
第三章 護憲派に告ぐ
永世中立国スイス/自衛隊は軍隊ではない/能登半島沖不審船事件/世界の軍隊/NATOの戦争抑止力/集団的自衛権に反対する文化人たち/放送法の問題点/机上の空論で国は守れない/日本国憲法を作ったのはGHQ/自衛隊は憲法違反/憲法学者は神学者か/護憲派の論理/九条教という宗教/戦争を回避できるのはリアリスト/リアリストとロマンチスト/日米安保で日本は守られるか/日本を守るのは日本人

著者プロフィール

百田尚樹

ヒャクタ・ナオキ

1956年、大阪市生れ。同志社大学中退。放送作家として「探偵!ナイトスクープ」等を担当。同番組では2021年1月現在に至るまで30年以上に亘りチーフライターを務める。2006年、『永遠の0』で作家デビュー。累計400万部を超える大ヒットを記録した。小説作品として『海賊とよばれた男』(第10回本屋大賞受賞)『モンスター』『影法師』『フォルトゥナの瞳』『野良犬の値段』等がある他、クラシック音楽(『至高の音楽 クラシック永遠の名曲』)やボクシング(『地上最強の男 世界ヘビー級チャンピオン列伝』)等、エッセイやノンフィクションでも多彩な知識を発揮。『大放言』『バカの国』等、時事的な問題に鋭く切り込む新書も多数刊行する。2019年12月、著作の累計発行部数が2,000万部を突破。毎週のように関西と東京を往復し、各地で講演会を行う等、忙しい日々の合間を縫って執筆に励んでいる。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

百田尚樹
登録

書籍の分類