ホーム > 書籍詳細:イクメンの罠

イクメンの罠

榎本博明/著

858円(税込)

発売日:2022/01/15

書誌情報

読み仮名 イクメンノワナ
シリーズ名 新潮新書
装幀 新潮社装幀室/デザイン
発行形態 新書、電子書籍
判型 新潮新書
頁数 207ページ
ISBN 978-4-10-610936-2
C-CODE 0236
整理番号 936
ジャンル ノンフィクション
定価 858円
電子書籍 価格 858円
電子書籍 配信開始日 2022/01/15

「自立できない子」はなぜ生まれるか? 「子どもが3歳になったら、“イクメン”を卒業して“父親”になりなさい。」教育心理学者が教える8つのヒント!

鈍感、不真面目、頼りない――。ここ数十年、子ども達の父親に対するイメージは悪化し続けている。「父親は厳しかった」と答える割合は低下し、「よくほめられた」と答える子どもが増えているにもかかわらず、この結果。上辺だけを真似た欧米流子育ての導入は、日本の家族をどう変えたのか。イクメンブームが加速する中、教育心理学者である著者が、父性機能の低下と自立できない子どもの増加に警鐘を鳴らす!

目次
はじめに――「お父さんが怒ると家が揺れる」日もあった
第1章 イクメン「ブーム化」「義務化」への4つの疑問
厚労省発の「イクメンプロジェクト」/「育児をしない男を、父とは呼ばない。」/男性育休取得率はわずか数%/防衛省・宮内庁・警察庁の「低さ」の意味/「父親がいない家庭」は失格なのか?/父親の関与による母親のストレス軽減効果/1歳になるまでに必要な育児/子どもが親から得る自己効力感/「基地」があるから、冒険できる/高まる母親から父親への不満/二人で同時に取り組む弊害
第2章 弱まる父性機能、強まる母性機能
妻の要求に応えられる職場ではない/父性機能を発揮しない父親/母性原理と父性原理/スズメやカモに出会うとつい……/育児に親の性別は関係ない?/父親は母子間に距離を取らせる「文化的存在」/『どろろ』に描かれた父親像、母親像/文化的存在であるがゆえに脆弱/社会化は父親が担っている/母性の暴走を止めるのは父性/イクメンから父親に進化せよ
第3章 小学生の暴力行為と父親の役割
小学生の暴力と小1プロブレム/非認知能力の低さが意味するもの/親の学歴や収入が高くなくても/「父親から怒られた記憶がありません」/「使えない人材」一直線/「厳しくない」のにイメージ低下/母親の感情は子どもに伝わる/母親には二つの選択肢がある/「三権分立」の力関係/「父親は遊び相手ばかり」は見当違い/友だちと遊ぶための基礎作り/半数が昆虫採集をしたことがない/待つことができない心理
第4章 日本の父親は子育てをしなかったのか
パン屋の親父、酒屋の親父/江戸時代の子育ての責任者/「我儘に曲がりくねるなり」/日本神話が示す母性の強さ/「姑息の愛」/福澤諭吉が説いた「父たる者」/娘を突き放した子煩悩な森鴎外/「立派な父親でした」/「一生の心の糧となる幼年期の記憶」/「父が父の役割を果たしていない」/「らしさ」を自覚する効用
第5章 子どもを鍛えられるのは親しかいない
親子一緒にアイドルコンサートへ/「ものわかりのよい親」が危ない/厳しさへの耐性/鞭でしつける欧米、言葉で言い聞かせる日本/「ほんとうに進歩なのか?」/「笑われるぞ」という戒め/集団遊び、地域社会の喪失/「先生、私たちを本気で叱って下さい」/面倒見の良すぎる大学/「社会に出ることが怖いです」/「傷つきにくい心」を目指して/学生たちの本音を聞く/家庭を楽しく保ち、かつ叱る父親
第6章 子どもが3歳になったら、このように導く
必要なのは「コツ」「テクニック」ではない/父親たちの「板挟み」ストレス/「叱ると子どもにトラウマ」を信じるな/日頃から気持ちをつなげておく/〈ヒント1〉挨拶をすること、お礼を言うこと/〈ヒント2〉我慢をすること/〈ヒント3〉簡単に諦めないこと、粘ること/〈ヒント4〉相手の気持ちを想像する習慣をつけること/〈ヒント5〉いろんな友だちと遊ぶこと/〈ヒント6〉結果を気にせず挑戦すること/〈ヒント7〉読書習慣を身につけ、好奇心をもつこと/〈ヒント8〉働く姿を見ること、知ること/息子に導入した「ウルトラマン教育」/「頑固オヤジ」の出番/娘の告白
おわりに

薀蓄倉庫

「ものわかりのよい親」が危ない

『イクメンの罠』では、近年のイクメンブームの影響もあり子どもに対して優しく接するばかりで、父親ならではの役割を忘れてしまった親が増加していることに警鐘を鳴らしています。
「子どもの意思を尊重する親」と言うと聞こえはよいですが、悪いことをしても厳しく叱られずに育てられた子どもは、社会性や自己コントロール能力が身についていません。すると彼らが大人になった時に、厳しさへの耐性が低く、社会に出て苦労することが多くなってしまうのです。
 では、「自立できない子ども」にしないために、父親ができることとは? 本書では、理論と経験の両方から迫ります。

掲載:2022年1月25日

担当編集者のひとこと

子育ての正解とは

 昨年末、ユーキャンの流行語年間大賞に輝いたのは「リアル二刀流/ショータイム」でした。アメリカの球団ロサンゼルス・エンゼルスに所属し、今を時めく大谷翔平選手の活躍を表す言葉です。大谷選手は1994年生まれの27歳なのですが、実は「94年」生まれの同級生には、フィギュアスケートの羽生結弦選手や、競泳の瀬戸大也選手、バドミントンの桃田賢斗選手など、才能ある選手が多くテレビでは「黄金世代」と紹介されることもあります。
 ここで考えてみてほしいのですが、確かに親としては自分の子どもがこのような人物に育ったら嬉しいと思います。しかし、子どもが有名になって社会で活躍しなくとも、他人に迷惑をかけず、きちんと「自立した大人」に成長さえすれば、育児としては大成功だと思う方が多いのではないでしょうか。
 もちろん子育ての正解・不正解はありませんし、失敗・成功も人の価値観によってそれぞれです。しかし、近年「社会に出るのが怖い」という若者が増加している中で、自分の子を「物事を判断することが出来ず、少し叱られるとバイトも辞めてしまう」ような子にする子育ては考え直す必要があります。本書では、教育心理学者で二児の子を育てた元祖イクメンでもある榎本さんが、子どもが3歳になったら親がするべき子育てのヒントを教えます。

2022/01/25

著者プロフィール

榎本博明

エノモト・ヒロアキ

1955(昭和30)年東京生まれ。心理学博士。東京大学教育心理学科卒業。東芝勤務後、東京都立大学大学院へ。大阪大学大学院助教授等を経てMP人間科学研究所代表。『ほめると子どもはダメになる』『伸びる子どもは○○がすごい』『自己肯定感という呪縛』など著書多数。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

榎本博明
登録

書籍の分類