ホーム > 書籍詳細:アントニオ猪木―闘魂60余年の軌跡―

アントニオ猪木―闘魂60余年の軌跡―

瑞佐富郎/著

902円(税込)

発売日:2022/04/18

書誌情報

読み仮名 アントニオイノキトウコンロクジュウヨネンノキセキ
シリーズ名 新潮新書
装幀 新潮社装幀室/デザイン
発行形態 新書、電子書籍
判型 新潮新書
頁数 239ページ
ISBN 978-4-10-610948-5
C-CODE 0275
整理番号 948
ジャンル ノンフィクション
定価 902円
電子書籍 価格 902円
電子書籍 配信開始日 2022/04/18

アリ戦の真相、馬場との本当の関係、北朝鮮、イラクでの秘話、波乱の人生……。「魅せる男」の全貌に迫る!

なぜ、アントニオ猪木は人を惹きつけるのか――プロレスファンでなくても知っている、その圧倒的存在感と魅力の根源を、これまでの人生から徹底検証する。デビューから60余年、リングの内外で起きた“事件”、世界中の強豪選手を相手に闘った姿、政治の場で示した抜群の行動力……その時々の猪木の行動と発言を精緻に描写する。ひとたび興味を持てば「猪木に魅せられ、心を奪われてしまう」理由が、本書で明解に‼︎

目次
まえがき 「猪木」という一灯
第1章 VS.世界
世界を舞台にする猪木/INOKIの名を世界に轟かせた/「アリは日本語でいえば蟻」/躁と鬱を繰り返す猪木/木村政彦の予言/アリ・キック炸裂!!/本当は猪木の判定勝ちだった/UFCに噛みついたアリ/猪木の凄みを見せつけたパキスタンでの死闘/待ち受けた3000人のギャラリー/「よしっ! 張れ!」/「“ガコッ”と音がした」/「猪木は、さすがだよ」/17歳の少女/“かの地”での大勝負/師の故郷に立つ/「もっと美味いビール、ねえのかよ……」/「日本のプロレスは凄いなあ」/「闘魂」
第2章 VS.好敵手
存在を際立たせるライバル/「実現にあたり、3億円出してもいい」/始まった挑戦/「ま、ご苦労さん」/38歳までに引退/「おまえ、いいよなあ」/プロレス会場に金属探知機/大物シンガーも興奮/「伊勢丹事件」の詳細/決着はリングでつける/「刺激」という脱線/「人生の勝負は俺の勝ちじゃないか」/記念碑に刻まれた巌流島対決/試合の発案者/試合開始/「死ぬまでやろう」/2時間5分14秒
第3章 大勝負
猪木、名勝負の裏にあるもの/20年ぶりの昭和巌流島対決・ストロング小林戦/「力道山VS.木村政彦」以上の試合/「板橋暴動事件」/コタツで丸まっていたストロング小林/ファンへの恩返し/猪木のジャーマン・スープレックス/再び、プロレス黄金時代/1対3ハンディキャップマッチ/いびつな勧善懲悪/髪切りマッチの余波/始まった変則タッグマッチ/第1回IWGP/猪木と大物記者の邂逅/猪木VS.世間の目/全会場満員! 新日本プロレス・ブーム/大反響のシリーズ/衝撃の結末/客を驚かせ、満足させる
第4章 政界
猪木と政界/スポーツ平和党で出馬/幻に終わった選挙ポスター/90万人と握手/政治とスポーツは別?/講演中の惨劇/瀕死の闘魂/知られざる数々の活動/「遅刻のプロの、猪木くん」/スポーツを通じての人間形成/「孤独な闘い」イラクの人質解放/いざという時は、自分が代わりに/「人間の心を忘れた奴は、ぶっ殺してやる」/フセインに手紙を書く
第5章 美学
リング外でも波乱万丈/倍賞美津子との出会い/文字通りの「ビッグカップル」/「人生は一寸先はハプニング」/「あなた1人くらい、私が食わせてあげる」/現在も続く交流/「さん」付けで呼ぶ/流行語になった「片手で3分」/日本テレビが新日本を中継!?/坂口を動かした一言/猪木からの学び/「社長が謝らないと……」/頭を下げる意味/ファンより自分の生き方/「行けばわかるさ」
あとがき 「山師」という原像
主要参考文献

薀蓄倉庫

アントニオ猪木がただ一人だけ、Twitterでフォローしている人物は?

 引退試合から24年目。難病を患いながらも、回復を目指してリハビリ生活を送る姿をTwitterで公開しているアントニオ猪木氏(79)。2021年には、NHK・BSの特別番組でも闘病の様子を余すところなく公開、大きな反響がありました。
 プロレスファンでなくても知っている、その圧倒的存在感と魅力を支えるのは、猪木氏の類まれな発想力と行動力です。時に世間の常識を超えるその「力」は、リングの内外だけでなく、国内外の政治の場でも様々なドラマを生み、多くの人を掴み、猪木氏はカリスマになりました。猪木氏の魅力を探りながら、それでもまだ知られていないであろう数々のエピソードで綴る1冊です。
 小学校時代の猪木氏のあだ名は? 幻になった猪木氏の選挙ポスターのデザインは? 自身が理想とする埋葬法は? 全ての答えが本書にあります。

掲載:2022年4月25日

担当編集者のひとこと

やっぱり猪木は凄かった

 皆さんの周りにいませんか? 「炎のファイター」のイントロを聞いただけで盛り上がる。いくつになっても「燃える闘魂」という言葉が大好きだ。辛い時、苦しい時、元気があれば大丈夫と信じて疑わない――という「猪木信者」が。
 リング上で繰り広げた数々の名勝負だけでなく、政治の現場など、リングの外でも話題に事欠かないアントニオ猪木氏になぜ多くのファンが惹かれるのか、その真髄に迫る1冊です。著者の瑞佐富郎氏は、1993年、フジテレビの専門分野別クイズ番組「カルトQ」プロレス大会で優勝した実績をもとに、プロレス&格闘技ライターとして長く猪木氏をウオッチしてきました。瑞氏はこう言います。〈虚実ないまぜ、表裏一体、清濁併せのむetc。数々の相反する言葉とともに語られて来たプロレスの、そのアイコンが猪木だったように思う。その境目に立ち続けて来たからこそ醸し出された真の闘魂の素顔を、楽しんで頂ければ幸いです〉。
 珠玉の15エピソードで綴る猪木。今、改めて思います。「やっぱり猪木は凄かった」と。

2022/04/25

著者プロフィール

瑞佐富郎

ミズキ・サブロウ

1971(昭和46)年名古屋市生まれ。プロレス&格闘技ライター。早稲田大学政治経済学部卒。1993年、フジテレビの専門分野別クイズ番組『カルトQ』プロレス大会で優勝。『新編 泣けるプロレス』『平成プロレス 30の事件簿』『さよなら、プロレス』など、著書多数。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

瑞佐富郎
登録

書籍の分類