ホーム > 書籍詳細:パニック

パニック

開高健/原作 、橋爪功/朗読

3,300円(税込)

発売日:2002/05/25

書誌情報

読み仮名 パニック
シリーズ名 新潮CD
発行形態 オーディオブック
判型 [2CD]138分
ISBN 978-4-10-830088-0
ジャンル 文学賞受賞作家
価格 3,300円

ネズミの大群に翻弄される人間の滑稽さを卓越した文章で描き、今日の日本文学の原点となったともいえる開高健の芥川賞受賞作。

著者プロフィール

開高健

カイコウ・タケシ

(1930-1989)大阪市生れ。大阪市立大卒。1958(昭和33)年、「裸の王様」で芥川賞を受賞して以来、「日本三文オペラ」「流亡記」など、次々に話題作を発表。1960年代になってからは、しばしばヴェトナムの戦場に赴く。その経験は「輝ける闇」「夏の闇」などに色濃く影を落としている。1978年、「玉、砕ける」で川端康成賞、1981年、一連のルポルタージュ文学により菊池寛賞、1986年、自伝的長編「耳の物語」で日本文学大賞を受けるなど、受賞多数。『開高健全集』全22巻(新潮社刊)。

橋爪功

ハシヅメ・イサオ

昭和16年生まれ。大阪府出身。文学座研究所などを経て演劇集団円の設立に参加。主な舞台作品に「ドリスとジョージ」「シラノ・ド・ベルジュラック」「レインマン」などがある。また語りの名手としても知られNHK「武蔵 MUSASHI」ではナレーションをつとめた。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

開高健
登録
橋爪功
登録
文学賞受賞作家
登録

書籍の分類