ホーム > 書籍詳細:養老孟司が語る 「わかる」ということ

養老孟司が語る 「わかる」ということ

養老孟司/講演

1,320円(税込)

発売日:2003/10/30

書誌情報

読み仮名 ヨウロウタケシガカタル 「ワカル」トイウコト
シリーズ名 新潮CD
発行形態 オーディオブック
判型 [1CD]74分
ISBN 978-4-10-830138-2
ジャンル 哲学・思想
価格 1,320円

養老孟司が、決してわかり合えない人間たちの意識と現実を語る70分。

170万部の大ベストセラー『バカの壁』の著書、養老孟司が、決してわかり合えない人間たちの意識と現実を語る70分。聴くだけで『バカの壁』のエッセンスが手に取るようにわかる、貴重な講演CD!

著者プロフィール

養老孟司

ヨウロウ・タケシ

1937(昭和12)年、鎌倉生れ。解剖学者。東京大学医学部卒。東京大学名誉教授。心の問題や社会現象を、脳科学や解剖学などの知識を交えながら解説し、多くの読者を得た。1989(平成元)年『からだの見方』でサントリー学芸賞受賞。新潮新書『バカの壁』は大ヒットし2003年のベストセラー第1位、また新語・流行語大賞、毎日出版文化賞特別賞を受賞した。大の虫好きとして知られ、昆虫採集・標本作成を続けている。『唯脳論』『身体の文学史』『手入れという思想』『遺言。』『半分生きて、半分死んでいる』など著書多数。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

養老孟司
登録
哲学・思想
登録

書籍の分類