ホーム > 書籍詳細:蟹工船

蟹工船

小林多喜二/原作 、若山弦藏/朗読

4,730円(税込)

発売日:2008/08/29

書誌情報

読み仮名 カニコウセン
シリーズ名 新潮CD
発行形態 オーディオブック
判型 [3CD]214分
ISBN 978-4-10-830216-7
C-CODE 0893
ジャンル 文芸作品
価格 4,730円

「立ち上がれ、もう一度!」著者没後75年、現代に蘇る働く者の魂。

戦前、オホーツク海で操業する蟹工船では、多くの貧しい人々が過酷な労働を強いられていた。死人すら出る悲惨な労働の背後には、政府、財界、軍部の思惑が見え隠れしている。ついに労働者たちは決起し、ストライキを敢行するが……。29歳で逮捕され拷問で死んだ小林多喜二のプロレタリア文学を代表する傑作。

著者プロフィール

小林多喜二

コバヤシ・タキジ

(1903-1933)1903(明治36)年、秋田県生れ。小樽高商卒。北海道拓殖銀行に就職し、1929(昭和4)年解雇されるまで勤務した。志賀直哉に傾倒してリアリズムを学び、その後、プロレタリア文学に目覚め、労働運動にもかかわる。雑誌「戦旗」に中編が紹介され注目を浴び、「蟹工船」で支持を得る。以後、非合法下の共産党に入党し、左翼文学運動に力を注ぐが、1933年逮捕され、築地署で拷問により殺された。

若山弦藏

ワカヤマ・ゲンゾウ

1932年、旧樺太生まれ。1952年NHK札幌放送劇団に入る。吹き替えの代表作に「鬼警部アイアンサイド」、「スパイ大作戦」など。1966年に第3回ギャラクシー賞を受賞。また1973年にスタートしたTBSラジオ生番組「若山弦藏の東京ダイヤル954」は、1995年1月にラジオ生番組の連続放送回数で新記録を達成した。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

小林多喜二
登録
若山弦藏
登録
文芸作品
登録

書籍の分類