ホーム > 書籍詳細:生命のふしぎ

作家デビューまもなく書き上げた、少年向け科学解説書。初刊以降一度も文庫化されなかった「まぼろしの作品」

生命のふしぎ

星新一/著

2,052円(税込)

本の仕様

発売日:2000/09/08

読み仮名 セイメイノフシギ
シリーズ名 新潮オンデマンドブックス
発行形態 オンデマンドブックス
判型 新潮オンデマンドブックス
頁数 184ページ
ISBN 978-4-10-865012-1
定価 2,052円

星新一が、作家としてデビュー(1957年)した後、初めての本として出版された、少年向け科学解説書。生命について、その考え方の歴史から進化論、生命現象の細部から人類の未来に至るまで、やさしく解き明かしている。刊行されたのが1959年のため、今から見れば内容が古くなっているのは否定できないが、文章の随所に星新一の作家としてのエッセンスを感じ取ることができる。(初刊行時の図版類は事情により収録しておりません)

著者プロフィール

星新一 ホシ・シンイチ

(1926-1997)東京生れ。東京大学農学部卒。1957(昭和32)年、日本最初のSF同人誌「宇宙塵」の創刊に参画し、ショートショートという分野を開拓した。1001編を超す作品を生み出したSF作家の第一人者。SF以外にも父・星一や祖父・小金井良精とその時代を描いた伝記文学などを執筆している。著書に『ボッコちゃん』『悪魔のいる天国』『マイ国家』『ノックの音が』など多数。

星新一フェア(著作リスト)

感想を送る

新刊お知らせメール

星新一
登録する

書籍の分類