ホーム > 書籍詳細:決闘者 宮本武蔵 上

決闘者 宮本武蔵 上

柴田錬三郎/著

5,280円(税込)

発売日:2000/10/06

書誌情報

読み仮名 ケットウシャミヤモトムサシ01
シリーズ名 新潮オンデマンドブックス
発行形態 オンデマンドブックス
判型 新潮オンデマンドブックス
頁数 474ページ
ISBN 978-4-10-865018-3
定価 5,280円

ただ剣において勝つことのみにその生涯を費やした兵法者、宮本武蔵を、作者独自の視点から描く(全3冊)。

美作国宮本村の牢人の子に生まれ、父の敵平田無二斎に養育された弁之助は、激しい独習を積んで無二斎に勝ち、宮本武蔵と名乗って武者修行の旅に出る。僧・沢庵の草庵に草鞋を脱いだ青年武蔵は、扶桑第一と称される吉岡道場の当主吉岡清十郎に挑戦した。剣聖でもなく、野人でもなく、ただ剣において勝つことのみにその生涯を費やした兵法者、宮本武蔵。作者独自の視点から武蔵を造形する長編(全3冊)。

著者プロフィール

柴田錬三郎

シバタ・レンザブロウ

(1917-1978)岡山県生れ。慶應義塾大学支那文学科卒業。在学中より「三田文学」に現代ものの短編を発表。戦後、「書評」の編集長を経て、創作に専念。1951(昭和26)年、『イエスの裔』で直木賞を受賞。以後、時代小説を中心に創作し、1956年より「週刊新潮」連載開始の『眠狂四郎無頼控』は、一大ブームとなった。狂四郎シリーズ以外の主な作品に『剣は知っていた』『赤い影法師』『運命峠』『御家人斬九郎』『剣鬼』『決闘者 宮本武蔵』等がある。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

柴田錬三郎
登録

書籍の分類