ホーム > 書籍詳細:息子と恋人(下)

息子と恋人(下)

D・H・ロレンス/著 、吉田健一/訳

3,080円(税込)

発売日:2001/04/06

書誌情報

読み仮名 ムスコトコイビト03
シリーズ名 新潮オンデマンドブックス
発行形態 オンデマンドブックス
判型 新潮オンデマンドブックス
頁数 282ページ
ISBN 978-4-10-865076-3
定価 3,080円

二人の女性に甘えるポオルの運命は、母親の死で愛情の決算を強いられる……。著者の出世作である自伝的長編小説。

16歳の時からひとつ年下のミリアムと逢瀬を重ねて7年、ポオルは残酷にも彼女の心を弄んだ。母親は53歳になっていたが、人妻クララに思いを寄せるポオルに安堵していた。二人の女性に甘えるポオルの運命は、母親の死で愛情の決算を強いられる……。著者の出世作である自伝的長編小説。

著者プロフィール

D・H・ロレンス

Lawrence,David Herbert

イギリス、イーストウッド生れ。小学校の教員などを勤めながら書いた作品が認められて作家に。流浪と遍歴に明け暮れながら執筆を続け、独特の「性の哲学」に基づいた数々の作品を発表。肉体の愛による魂の解放をテーマとした『チャタレイ夫人の恋人』には、自らの体験が色濃く反映されている。南フランスで45年の生涯を閉じる。主な作品に『息子と恋人』『恋する女たち』など。

吉田健一

ヨシダ・ケンイチ

(1912-1977)ケンブリッジ大学中退。ポー、ヴァレリー等の翻訳の他、『英国の文学』『文学概論』『乞食王子』等の優れた批評、随筆で知られる。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

D・H・ロレンス
登録
吉田健一
登録

書籍の分類