ホーム > 書籍詳細:酒呑みの自己弁護

酒呑みの自己弁護

山口瞳/著

4,400円(税込)

発売日:2001/06/01

書誌情報

読み仮名 サケノミノジコベンゴ
シリーズ名 新潮オンデマンドブックス
発行形態 オンデマンドブックス
判型 新潮オンデマンドブックス
頁数 462ページ
ISBN 978-4-10-865088-6
定価 4,400円

世界の美酒、銘酒と共に三十余年を過ごしてきた著者が、思い出の酒を語り、男らしい酒の飲み方を伝授する辛口エッセー。

“酒をやめたら、もしかしたら健康になるかもしれない。長生きするかもしれない。しかし、それは、もうひとつの健康を損ってしまうのだと思わないわけにはいかない”世界の美酒、銘酒をすべからく友として三十余年、喜びにつけ哀しみにつけ常に酒と共にあった著者が、今、愛惜の心で思い出の酒を語り、男らしい酒の飲み方を伝授する。深い深い読みごたえ、口あたり爽やかな辛口エセー。山藤章二のオリジナルイラストを完全収録。

著者プロフィール

山口瞳

ヤマグチ・ヒトミ

1926(大正15)年、東京生れ。鎌倉アカデミアに入学。出版社勤務を経て、1958(昭和33)年寿屋(現サントリー)宣伝部に入り、「洋酒天国」の編集者・コピーライターとして活躍する。1962年『江分利満氏の優雅な生活』で直木賞受賞。1979年には『血族』で菊池寛賞を受賞する。1963年「週刊新潮」で始まった「男性自身」は、31年間1614回に及ぶ。シリーズ最終巻は『江分利満氏の優雅なサヨナラ』。1995(平成7)年8月永眠。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

山口瞳
登録

書籍の分類