ホーム > 書籍詳細:潤一郎犯罪小説集

“マゾヒストの殺人”という一見矛盾した事件を取り上げた「日本に於けるクリップン事件」はじめ全7篇を収録。

潤一郎犯罪小説集

谷崎潤一郎/著

4,950円(税込)

本の仕様

発売日:2001/07/06

読み仮名 ジュンイチロウハンザイショウセツシュウ
シリーズ名 新潮オンデマンドブックス
発行形態 オンデマンドブックス
判型 新潮オンデマンドブックス
頁数 466ページ
ISBN 978-4-10-865094-7
定価 4,950円

“マゾヒストの殺人”という一見矛盾した事件を取り上げた「日本に於けるクリップン事件」、善良な書生が善良な博士を殺すに至った複雑な原因に、人生の不条理を考えさせられる「或る罪の動機」のほか、「前科者」「黒白」「白昼鬼語」「私」「途上」の全7篇を収録。

著者プロフィール

谷崎潤一郎 タニザキ・ジュンイチロウ

(1886-1965)東京・日本橋生れ。東大国文科中退。在学中より創作を始め、同人雑誌「新思潮」(第二次)を創刊。同誌に発表した「刺青」などの作品が高く評価され作家に。当初は西欧的なスタイルを好んだが、関東大震災を機に関西へ移り住んだこともあって、次第に純日本的なものへの指向を強め、伝統的な日本語による美しい文体を確立するに至る。1949(昭和24)年、文化勲章受章。主な作品に『痴人の愛』『春琴抄』『卍』『細雪』『陰翳礼讃』など。

感想を送る

新刊お知らせメール

谷崎潤一郎
登録する

書籍の分類