ホーム > 書籍詳細:還暦老人ボケ日記

「男性自身シリーズ23」として出版された、還暦後の生活を綴った日記。

還暦老人ボケ日記

山口瞳/著

4,400円(税込)

本の仕様

発売日:2001/07/06

読み仮名 カンレキロウジンボケニッキ
シリーズ名 新潮オンデマンドブックス
発行形態 オンデマンドブックス
判型 新潮オンデマンドブックス
頁数 398ページ
ISBN 978-4-10-865101-2
定価 4,400円

60歳になったのを機に絶筆宣言をするも、「これが無いと暮せないために」書き続けたという、還暦後の生活を綴った日記。競馬に野球に、ショッピングと、活動的な毎日を溌剌とした文章で書き綴る。「男性シリーズ23」として出版された。

著者プロフィール

山口瞳 ヤマグチ・ヒトミ

1926(大正15)年、東京生れ。鎌倉アカデミアに入学。出版社勤務を経て、1958(昭和33)年寿屋(現サントリー)宣伝部に入り、「洋酒天国」の編集者・コピーライターとして活躍する。1962年『江分利満氏の優雅な生活』で直木賞受賞。1979年には『血族』で菊池寛賞を受賞する。1963年「週刊新潮」で始まった「男性自身」は、31年間1614回に及ぶ。シリーズ最終巻は『江分利満氏の優雅なサヨナラ』。1995(平成7)年8月永眠。

感想を送る

新刊お知らせメール

山口瞳
登録する

書籍の分類