ホーム > 書籍詳細:父子鷹(下)

勝海舟の活躍の礎を築いたのは、江戸っ子侍である父・勝小吉の愛であった。父子の交渉をビルドゥングス・ロマン風に綴った傑作。

父子鷹(下)

子母沢寛/著

4,840円(税込)

本の仕様

発売日:2001/08/03

読み仮名 オヤコダカ02
シリーズ名 新潮オンデマンドブックス
発行形態 オンデマンドブックス
判型 新潮オンデマンドブックス
頁数 448ページ
ISBN 978-4-10-865112-8
定価 4,840円

勝海舟の活躍の礎を築いたのは、全編を貫いて流れる父子愛であった……。勝小吉・麟太郎(海舟)父子の交渉をビルドゥングス・ロマン風にたどった作品。勝小吉の江戸っ子侍そのままな行動や、彼らを取り巻く市井人の素肌が、幕末江戸の風物詩のなかにみごとに融けあっている。『おとこ鷹』の第一部をなす、著者の代表的作品の一つである。

著者プロフィール

子母沢寛 シモザワ・カン

(1892-1968)北海道石狩郡厚田生れ。明治大学法学部卒業。地方新聞社、木材会社、電気商を経て、読売新聞、後に東京日日新聞の記者となる。新聞記者時代から『新選組始末記』『遊侠奇談』などを次々と発表。1932(昭和7)年に新聞連載した『国定忠治』が評判を呼び、創作に専念。戦中戦後と6年を費やした大作『勝海舟』、昭和30年代に発表した『父子鷹』『おとこ鷹』は幕末ものの枠を越えてピカレスク・ロマンの傑作とも評されている。『遺臣伝』『枯草物語』『厚田日記』など著書多数。

感想を送る

新刊お知らせメール

子母沢寛
登録する

書籍の分類