ホーム > 書籍詳細:ピエールとジャン

ある日、弟ジャンにだけ思いがけない方面から遺産が送られ、兄ピエールは、深い疑惑を抱きはじめる……。「小説について」併録。

ピエールとジャン

モーパッサン/著 、杉捷夫/訳

2,750円(税込)

本の仕様

発売日:2001/08/03

読み仮名 ピエールトジャン
シリーズ名 新潮オンデマンドブックス
発行形態 オンデマンドブックス
判型 新潮オンデマンドブックス
頁数 248ページ
ISBN 978-4-10-865116-6
定価 2,750円

医者のピエールと弁護士のジャンは、性格はまるで違うが、いたって仲のよい兄弟である。ある日、ジャンにだけ思いがけない方面から遺産が送られてき、兄ピエールは、弟は果して誰の子なのか、愛する母には何か秘密があったのではないかと、深い疑惑をいだきはじめる……。典型的な心理研究の文学で、漱石もこの作品を讃嘆している。1888年作。ほかに「小説について」を併録する。

著者プロフィール

モーパッサン Maupassant,Guy de

(1850-1893)フランス生れ。母親の実兄の親友であるフローベールに師事し、創作の指導を受ける。1880年普仏戦争を扱った中編『脂肪の塊』で作家としての地位を確立、以後10年間で『女の一生』等の長編を6作と『テリエ館』「月光」「オルラ」等の中短編を300余次々に発表した。1892年自殺を図り、翌年パリの精神病院で生涯を閉じた。

感想を送る

新刊お知らせメール

モーパッサン
登録する
杉捷夫
登録する

書籍の分類