ホーム > 書籍詳細:文章読本

文章読本

中村真一郎/著

2,310円(税込)

発売日:2002/03/01

書誌情報

読み仮名 ブンショウドクホン
シリーズ名 新潮オンデマンドブックス
発行形態 オンデマンドブックス
判型 新潮オンデマンドブックス
頁数 206ページ
ISBN 978-4-10-865169-2
定価 2,310円

古今東西の作家の文章を素材にした、近代日本文学史であり、文章表現の心構えを分りやすく説いた、万人のための文章講座。

文章を書くというのはどういうことか。現代における文章とはどのようなものか、また、その望ましい姿とは。――森鴎外・夏目漱石など明治の作家から、安部公房・大江健三郎・井上ひさしら現代作家まで、豊富な文例をあげながら、近代百年の口語文の歴史のあとを辿る。文章を素材にした近代日本文学史であると同時に、文章表現の心構えを分りやすく説いた、万人のための文章講座。

著者プロフィール

中村真一郎

ナカムラ・シンイチロウ

(1918-1997)1918(大正7)年、東京生まれ。東京大学仏文科卒。1942年、福永武彦らと新しい詩運動「マチネ・ポエティック」を結成。1947年『死の影の下に』で戦後文学の一翼を担う。[春]に始まる四部作『四季』『夏』(谷崎潤一郎賞)『秋』『冬』(日本文学大賞)『頼山陽とその時代』(芸術選奨文部大臣賞)『蠣崎波響の生涯』(読売文学賞、日本芸術院賞)『私のフランス』など多数の著書と訳詩書がある。1997年に同没。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

中村真一郎
登録

書籍の分類