ホーム > 書籍詳細:天草の雅歌

天草の雅歌

辻邦生/著

4,730円(税込)

発売日:2002/06/07

書誌情報

読み仮名 アマクサノガカ
シリーズ名 新潮オンデマンドブックス
発行形態 オンデマンドブックス
判型 新潮オンデマンドブックス
頁数 438ページ
ISBN 978-4-10-865191-3
定価 4,730円

鎖国直前の江戸初期の長崎に、通辞として赴いた上田与志が、閉塞していく状況を憂い、時代の権力に挑戦した、その悲劇の生涯。

鎖国体制完成を目前にした江戸初期の長崎に、通辞として赴いた上田与志。役人としての確実な立身を望んでいたはずの彼は、いつしか、鎖国派と海外交易派の政争の渦に巻きこまれていく。混血の美女コルネリアの愛を支えに、閉塞していく状況を憂い、時代の権力に挑戦した、その悲劇の生涯を描く。“物語”のもつ魅力を充分に取り入れ、史実をふまえて構築された壮大な歴史ロマン。

著者プロフィール

辻邦生

ツジ・クニオ

(1925-1999)東京生れ。1957(昭和32)年から1961年までフランスに留学。1963年、長篇『廻廊にて』を上梓し、近代文学賞を受賞。この後、芸術選奨新人賞を得た1968年の『安土往還記』や1972年に毎日芸術賞を受けた『背教者ユリアヌス』等、独自の歴史小説を次々と発表。1995(平成7)年には『西行花伝』により谷崎潤一郎賞受賞。他の作品に『嵯峨野明月記』『春の戴冠』等。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

辻邦生
登録

書籍の分類