ホーム > 書籍詳細:木に会う

我々が忘れかけていた木と人間との関わりを、見て、歩いて、感じて、考えた、優しさに満ちた自然論。読売文学賞受賞。

  • 受賞第41回 読売文学賞 随筆・紀行賞

木に会う

高田宏/著

2,376円(税込)

本の仕様

発売日:2002/07/05

読み仮名 キニアウ
シリーズ名 新潮オンデマンドブックス
発行形態 オンデマンドブックス
判型 新潮オンデマンドブックス
頁数 214ページ
ISBN 978-4-10-865204-0
定価 2,376円

樹齢七千年の縄文杉の下で一夜を過ごし、白山のブナ林を歩く。真冬の山里を訪ね、銀座の並木に思いを馳せ、能面師、木工師と対話する。そして、木とともにある文化、木とともにある生活、木とともにある生命とは、どういうことなのか、本書は静かに語りかける。我々が忘れかけていた木と人間との関わりを、見て、歩いて、感じて、考えた、優しさに満ちた自然論。読売文学賞受賞。

著者プロフィール

高田宏 タカダ・ヒロシ

(1932-2015)作家、編集者。京都市生れ。京都大学文学部仏文学科卒業。1964(昭和39)年から11年間、PR誌『エナジー』を編集。歴史小説をはじめ、『われ山に帰る』『木に会う』など、樹木・森・島・旅・雪などの自然、猫などをテーマに数多くの著作がある。日本ペンクラブ理事、将棋ペンクラブ会長を務めた。

感想を送る

新刊お知らせメール

高田宏
登録する

書籍の分類