ホーム > 書籍詳細:性に眼覚める頃

北陸の古都に芽ぐむ春のいたみを物語って、官能の香り高い初期の自伝的名作の表題作をはじめ、みずみずしい短編全七編を収録。

性に眼覚める頃

室生犀星/著

2,310円(税込)

本の仕様

発売日:2002/11/01

読み仮名 セイニメザメルコロ
シリーズ名 新潮オンデマンドブックス
発行形態 オンデマンドブックス
判型 新潮オンデマンドブックス
頁数 202ページ
ISBN 978-4-10-865231-6
定価 2,310円

表題の「性に眼覚める頃」は大正八年作。北陸の古都に芽ぐむ春のいたみを物語って、官能の香り高い初期の自伝的名作である。「チンドン世界」は、場末の映画館に見る世俗の世界を、そして「ヒッポドロム」は、サーカス小屋の少女に寄せる作者の淡い思いを描き、また「ゴリ」には、野性の呼び声が悲しく漂っている。ほかに「音楽時計」「医王山」「生涯の垣根」の、全七篇を収録。

著者プロフィール

室生犀星 ムロウ・サイセイ

(1889-1962)石川県金沢市出身。私生児として生まれ、僧侶の養子となるが、貧窮のため12歳で裁判所の給仕となり、働きながら文学を志す。萩原朔太郎らの知遇を得、1918(大正7)年に処女詩集『愛の詩集』、第二詩集『抒情小曲集』を刊行、詩壇の地位を確立する。翌年には小説『性に眼覚める頃』を発表し、小説家としても一家を成した。主な作品に、『あにいもうと』『杏っ子』などがある。

感想を送る

新刊お知らせメール

室生犀星
登録する

書籍の分類