ホーム > 書籍詳細:過ぎゆく日暦

清張文学を支えていたのは、倦むことのない取材と、こまめに記けられた「日記」であった。創作の臨場感あふれる“清張ノート”。

過ぎゆく日暦

松本清張/著

2,860円(税込)

本の仕様

発売日:2002/12/06

読み仮名 スギユクカレンダー
シリーズ名 新潮オンデマンドブックス
発行形態 オンデマンドブックス
判型 新潮オンデマンドブックス
頁数 260ページ
ISBN 978-4-10-865240-8
定価 2,860円

広大な“清張文学”を支えていたものは、倦むことのない取材と、こまめに記けられた「日記」であった。〈流れ作業〉で解剖が進むニューヨークの死体収容所。文豪・鴎外を始終悩ませた家族の不和。ゾロアスター教の拝火殿を眺望しながら、モーツァルトの「魔笛」を考える旅日記……。何気ないメモと、ふとした雑感が小説の土台に据えられてゆく。創作の臨場感あふれる“清張ノート”。

著者プロフィール

松本清張 マツモト・セイチョウ

(1909-1992)小倉市(現・北九州市小倉北区)生れ。給仕、印刷工など種々の職を経て朝日新聞西部本社に入社。41歳で懸賞小説に応募、入選した『西郷札』が直木賞候補となり、1953(昭和28)年、『或る「小倉日記」伝』で芥川賞受賞。1958年の『点と線』は推理小説界に“社会派”の新風を生む。生涯を通じて旺盛な創作活動を展開し、その守備範囲は古代から現代まで多岐に亘った。

感想を送る

新刊お知らせメール

松本清張
登録する

書籍の分類