ホーム > 書籍詳細:続江戸群盗伝

恋と欲と意地とに燃え狂う大江戸を痛快に活写した傑作『江戸群盗伝』の第2弾! 

続江戸群盗伝

柴田錬三郎/著

3,456円(税込)

本の仕様

発売日:2003/01/10

読み仮名 ゾクエドグントウデン
シリーズ名 新潮オンデマンドブックス
発行形態 オンデマンドブックス
判型 新潮オンデマンドブックス
頁数 324ページ
ISBN 978-4-10-865248-4
定価 3,456円

あがきのとりようとてない階級制度という檻の中で、一切の希望を放棄してしまった美貌の剣士・梅津長門、島破りの巾着切り三日月小僧、博徒の喜三郎、ヒョットコ三次らの御一党に、美女・雪姫や鉄火の遊女を色あざやかに配し、対する敵役には、奇怪な剣豪あり、密輸で富む幕府の重臣ありで、場面の変転も、もののみごとに、恋と欲と意地とに燃え狂う大江戸を痛快に活写した傑作。

著者プロフィール

柴田錬三郎 シバタ・レンザブロウ

(1917-1978)岡山県生れ。慶應義塾大学支那文学科卒業。在学中より「三田文学」に現代ものの短編を発表。戦後、「書評」の編集長を経て、創作に専念。1951(昭和26)年、『イエスの裔』で直木賞を受賞。以後、時代小説を中心に創作し、1956年より「週刊新潮」連載開始の『眠狂四郎無頼控』は、一大ブームとなった。狂四郎シリーズ以外の主な作品に『剣は知っていた』『赤い影法師』『運命峠』『御家人斬九郎』『剣鬼』『決闘者 宮本武蔵』等がある。

感想を送る

新刊お知らせメール

柴田錬三郎
登録する

書籍の分類